U-23代表デビューのV・W・際…手倉森監督「可能性は感じた」

写真拡大

[3.25 国際親善試合 U-23日本代表 2-1 U-23メキシコ代表]

 先発デビューを飾ったDFファン・ウェルメスケルケン・際(ドルトレヒト)は試合後に反省を口にする一方で、手倉森ジャパンの戦い方が「かなり分かった」と手応えも得たようだ。

 右SBとして先発出場した際だったが、序盤は対面するMFカルロス・シスネロスのスピードに手を焼く場面も見られた。「デビュー戦ということで良い緊張感で臨めた。入り方で自分のところからやられる場面があったので、そこは修正していきたいと思う」。しかし、失点を防ぐと、敵陣深くまで攻め上がってクロスを供給する場面を作り出し、持ち味の一つであるロングスローを披露するなど奮闘した。

 チームを指揮する手倉森誠監督は「初めての割にはやってくれたかなと思う。ポジション取りにズレがあって、ハーフタイムにはチームメイトからアドバイスを受けながらやれていた。可能性は感じましたね」と評価している。

 際自身は「守備のやり方やどういうサッカーをやっていくのかが、試合を通してかなり分かった」と初めて手倉森ジャパンのサッカーに触れて得るものがあったと話す。「次のチャンスを頂けるなら、しっかりとつかんでいけるようにしたい」と生き残りに向けて意気込みを示した。


●リオデジャネイロ五輪特集