22日、今後の10年間で中国人の消費は年10%ペースで増加するほか、中国の消費者の55%が5年以内に自身の収入が大幅に増えると予想していることが明らかになった。

写真拡大

2016年3月22日、米メディアによると、米コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーの報告書から、今後の10年間で中国人の消費は年10%ペースで増加するほか、中国の消費者の55%が5年以内に自身の収入が大幅に増えると予想していることが明らかになった。中国新聞社が伝えた。

中国人の消費動向はレジャーや温泉、観光など、サービスをターゲットとしたものに変わりつつある。報告書は「爆買いと呼ばれた過剰な消費はすでに収束した」とし、より付加価値の高い製品や費用対効果でバランスの取れた商品、健康志向、家庭を中心とした生活にシフトしていると指摘した。

調査は中国44都市の1万人(18〜65歳)を対象に行われた。(翻訳・編集/岡田)