メキシコから金星獲得のU-23代表、手応え感じる手倉森監督

写真拡大

[3.25 国際親善試合 U-23日本代表 2-1 U-23メキシコ代表]

 ロンドン五輪王者のメキシコから金星を獲得した。前半2分にMF中島翔哉のゴールで先制したU-23日本代表は、同33分にMF南野拓実が加点。後半は追加点を挙げられなかったものの、メキシコの反撃を1点に抑えて2-1の勝利を収めた。

 チームを指揮する手倉森誠監督は「相手がリズムを作る前にこっちから仕掛けられたのが良かった。コンディションの違いで、日本の方にキレがあって、ゴールに向かう姿勢で相手を浮足立たせたのが効果的だったと思う」と序盤に示した積極的な姿勢を評価。

「相手の攻撃を受けながらカウンターでもう1点、仕留められればというプラン」で臨んだ後半は押し込まれる時間帯が続き、1点を失ったものの、「良いゲームのコントロール力を示せたかなと思います」と振り返っている。

 強豪相手からの勝利に「その気になれば肩を並べられるようなゲームをやれそうだと手応えを感じているし、選手たちに何よりもそれを感じてほしい」と話すと、「まずは勝ち続けること。我々の可能性をどんどん高めていければと思います」と今後への意気込みを示した。


●リオデジャネイロ五輪特集