24日、韓国メディアによると、北朝鮮の金正恩第1書記が今年第1四半期に姿を見せたのは26回で、軍事視察が6割を占めた。写真は平壌。

写真拡大

2016年3月24日、韓国・聯合ニュースによると、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が今年第1四半期に姿を見せたのは26回で、軍事視察が6割を占めた。環球網が伝えた。

韓国統一部は24日に金第1書記に関する統計を発表した。1月1日から3月18日までの約2カ月半の間に、金第1書記が公の場に姿を見せたのは26回。うち16回が軍事視察だった。

帯同した幹部で回数が一番多かったのが朝鮮労働党中央委員会副部長の趙勇元氏で6回。北朝鮮人民軍双生児局局長の黄炳誓氏と朝鮮労働党中央委員会副部長の金正植氏は5回で2位となった。(翻訳・編集/増田聡太郎)