『ベルセルク』キービジュアル

写真拡大

漫画家・三浦建太郎さんが原作の新作TVアニメ『ベルセルク』の新たなキービジュアルが公開され、スタッフとキャスト情報も発表された。

【『ベルセルク』新作TVアニメ 豪華スタッフ/キャスト発表の画像・動画をすべて見る】

監督は『てーきゅう』で知られる板垣伸さんがつとめる。声優陣には、主役のガッツ役を岩永洋昭さん、ガッツに付き添う妖精のパック役には水原薫さん、ファルネーゼ役は日笠陽子さん、セルピコ役は興津和幸さんが担当。

TVアニメ『ベルセルク』は2016年7月よりMBSほかアニメイズム枠、WOWOWでの放映が決定している。すでに3DCGを駆使した迫力のあるティザー映像が先行して公開されており、こちらも大きな話題となった。



国内最高のダークファンタジー『ベルセルク』


『ベルセルク』はヤングアニマル(白泉社)にて不定期連載中のダークファンタジー作品。

戦乱で荒廃した剣や魔法、魔物が存在する中世ヨーロッパ風の世界を舞台に、大剣「ドラゴン殺し」を振るう剣士・ガッツの生き様と神々の使いとの戦いを圧倒的な筆致で描く。

過去にも1997年に『剣風伝奇ベルセルク』としてTVアニメが放映されたほか、2012年から2013年にかけては『ベルセルク・サーガプロジェクト』としてSTUDIO4℃の製作によって原作「黄金時代」編を描いた劇場アニメ3部作が上映されている。

TVアニメーションシリーズ『ベルセルク』の監督を担当させて頂きます、板垣伸です。
初めてのアニメ化の時は、一視聴者として、「尖がった作品創ってるなぁ」と思いながら観ていた記憶がありますが、まさか、後に自分にお話を頂くことになるとは、当時、当然思っていませんでした。
改めて読み返してみると、『人間ドラマ』という意味で、本当に重厚な作品です。『ベルセルク』は。
「人の闇」を受け止めて、ドラマの骨格にしていることもあって、誰をも魅了する作品なのではないでしょうか。
原作のあの重厚感、緻密で絵画的な絵を再現しつつ、動かす…という無謀な挑戦に、今のアニメの最新技術を使って立ち向かっています。
応援して下さい! 板垣伸さんのコメント


© 三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/ベルセルク製作委員会