ICカード「イージーカード」、高雄メトロでも利用可能に  7月開始/台湾

写真拡大

(台北 25日 中央社)北部を中心に普及している交通系ICカード「イージーカード」(悠遊カード)が、7月1日から南部・高雄市の高雄メトロ(MRT)で利用可能になる。イージーカード社(台北市)の林向ガイ董事長(会長)が25日、発表した。同カードの利用については、両者間で約1年にも及ぶ交渉が続けられていた。(カイ=りっしんべんに豈)

高雄メトロで現在使用できる交通系ICカードは、一カー通票証(高雄市)が運営する「iPASS」(一カー通)のみ。一方、台北メトロは昨年9月に複数の交通系ICカードが利用できる設備を導入し、iPASSも使えるようになっていた。そのため、台北市議員からは不公平だと批判する声が上がっており、同11月には柯文哲・台北市長が陳菊・高雄市長を訪問し、相互利用について話し合っていた。(カー=上の下にト)

イージーカード社によると、高雄メトロへの導入にあたって同社が負担する設備設置費用は4500万台湾元(約1億5560万円)。現在試験運行を実施している高雄ライトレールへの導入に関しては、台北市政府交通局と高雄市政府捷運工程局の間で調整が進められている。

(黄麗芸/編集:名切千絵)