イギリスのドニントン・パーク・サーキットにて、BTCC(英国ツーリングカー選手権)2016年シーズンのローンチイベントが開催されました。

BTCC過去最大の32台がエントリーしており、車種もBMW1シリーズ、ホンダ・シビック、フォード・フォーカス、メルセデス・Aクラスなどバラエティーに富んでいます。

そしてこの2016年シーズンから、スバルが「レヴォーグ」をイギリスのレーシングファクトリー・BMRとともにBTCC仕様のレーシングカーに仕上げて参戦します。

1

レヴォーグBTCCは、マシンの製作コストを抑えるために改造範囲を制限されています。市販車のシルエットを色強く残しているので、エアロパーツでレプリカができそうです。

BTCCでは、

・2.0L直噴ターボエンジン(フライ・バイ・ワイヤスロットル)で350+馬力
・ターボはオーウェン・ディベロプメント製に統一
・XTRAC製6MT+APRacing製カーボンクラッチ
・FFもしくはFR(生産車の方式に依存)
・生産車が4WDに関しては、任意に駆動方式を選び、エンジンの搭載方向は生産車にならう
・ペンスキー製ダンパー搭載のダブルウイッシュボーン・サスペンション
・80LのATL製燃料タンク
・車両重量は1280kg(スバルUKで販売されているレヴォーグ市販車のマイナス274kg)
・タイヤはダンロップのワンメイク(245/65R18)
・ブレーキはAPRacing製
・電装関係はコスワース製に統一

と規定されています。

レヴォーグBTCCは後輪駆動に改造されていますが、直噴ターボエンジンが技術規定にあるのでFA20DITエンジンをベースでほぼ間違いないでしょう。

余談ですが、英国で正規販売されているレヴォーグは1.6L仕様のみのようです。

このレヴォーグBTCCで参戦するチームBMRのドライバーは、ジェーソン・プラト選手、コリン・ターキントン選手、ワーレン・スコット選手、ジェームズ・コール選手の4人となっています。

ローンチイベントではゼッケンが確定していないので、10日後に控えた開幕戦・ブランズハッチに4人全員が参戦するかはまだ不明です。

BTCCにとっても久しぶりのツーリングワゴンの参戦。英国国内外からの注目度は高いです。

残念ながら、日本ではTVで視聴することはできませんが、BTCC公式のYoutubeチャンネルからダイジェストを見ることが可能です。レヴォーグの活躍を見て、可能であれば、現地に行って応援しましょう!

最後にBTCC最終戦ブランズハッチのダイジェスト映像みてBTCCがどんなレースか観てみましょう!

動画を見るにはこちら

BTCC公式サイト
BTCC-Youtubeチャンネル
Team BMR公式サイト

(栗原 淳)

スバル・レヴォーグがBTCCに参戦!レースカーを公開(http://clicccar.com/2016/03/25/361977/)