23日、ネパールのオリ首相はこのほど中国を訪問し、中国がチベット自治区の鉄道をネパール国境付近まで延伸することなどで合意した。写真はチベット鉄道沿線。

写真拡大

2016年3月23日、参考消息網によると、ネパールのオリ首相はこのほど中国を訪問し、中国がチベット自治区の鉄道をネパール国境付近まで延伸することなどで合意した。ネパールがインド依存脱却を明確に示した形だが、インドは不満を表明している。

インド英字紙ザ・タイムズ・オブ・インディアによると、ネパールは自国に物資を輸送するための中継港を中国に設置することなど10項目で合意。中国は同時に、ネパールの内政には干渉しないことを確認した。

専門家によると、今回の合意は最近のインド、ネパール国境閉鎖など一連の動きを受けたもの。ニューデリーからネパールへの貿易ルートも断たれる可能性が高い。ネパールは今後、インド経由の輸入ルート依存から脱し、中国から物資を運ぶ道を拡大する意向を示している。一方、インドの不満表明に対し、オリ首相は「内陸国として多様な選択肢から正しい道を選びたい」としている。(翻訳・編集/大宮)