日本代表史上最も「得点率」の高い選手は誰なのか?TOP20を見てみる

写真拡大

24日に行われた2018年ワールドカップアジア2次予選の日本対アフガニスタン戦。

序盤はなかなかアフガニスタン守備陣を崩せずにいた日本だったが、終わってみれば5-0。見事大勝を飾り、最終予選進出を決めた。

そんなこの日、日本に先制ゴールをもたらしたのはレスターFW岡崎慎司だった。

SAMURAI BLUE、アフガニスタンに圧勝 〜FIFAワールドカップアジア2次予選第7戦〜SAMURAI BLUE(日本代表)は3月24日(木)、埼玉スタジアム2002にて2018FIFAワールドカップアジア2次予選でアフガニスタン...
サッカー日本代表さんの投稿 2016年3月24日

0-0で迎えた43分、同じ滝川第二高校出身の金崎夢生からパスを受け取った岡崎は、相手ペナルティエリア内で華麗に反転。相手DF2人に囲まれながらもしっかりとコントロールし、左足でゴールを奪った。

貫禄のようなものを感じさせたこのゴール。

岡崎はこれが日本代表として99試合目の出場であり、通算48ゴール目。次節シリア戦に出場すれば記念すべき100試合出場となり、節目の50ゴールまでもあと少しだ。

99試合で48得点ということは、およそ2試合に1得点のペースとなる。得点数を試合数で割った「得点率」は0.485となるが、これはかなり立派な数字だといえる。

では、これまでの日本代表選手の中でこの「得点率」が最も高い選手は一体誰なのであろうか?

今回は、そのTOP20を見てみることにしよう。

※なお、日本代表に関するオフィシャルなデータは存在していないため、今回はWikipediaを参照する

「得点率」とは、上述した通り「得点数」を「出場試合数」で割った数値である。

99試合出場48得点の岡崎であれば、48/99=0.485となる。つまり、日本代表として1試合平均で0.485点をとっているということになる。そう考えれば、岡崎がいかに効率良くコンスタントに得点しているかが分かる。

日本代表選手の得点率を見ていく前に、歴代の得点ランキングを確認しよう。

背景色を薄いオレンジにしたのは、現役中の選手である。

岡崎の48ゴールは歴代3位であり、現在の代表に招集されている選手では本田圭佑が34ゴールで5位、香川真司が23ゴールで9位タイとなっている。

では、これが「得点率」になるとどうなるのだろうか?

こうした「率」を見る際に注意せねばならないのは、データをどのようにして抽出するかということだ。

例えば浦和レッズの武藤雄樹は日本代表として2試合に出場し2得点をあげており、得点率は「1.0」となっている。また、平山相太も4試合で3得点をマークしており、得点率は「0.75」である。

しかし、これらの数値を100試合出場、あるいは50得点目前の岡崎と比較するのは公平ではないと考える。

そこでまずは、日本代表として「10試合以上に出場している選手」の得点率ランキングを見てみよう。

1位に輝くのは、メキシコ五輪の得点王で、「日本史上最高のストライカー」の呼び声高い釜本邦茂だ。

76試合75得点は得点率に直すと「0.987」となるが、これはバルセロナやレアル・マドリーにおけるリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドとそう大差のない数値だ(昨季メッシは0.983、ロナウドは0.885)。

その後、三浦知良と高木琢也が0.61ほどで続き、岡崎は5位に登場。やはりこれまでの選手と比較してもかなりのハイペースで点を積み重ねていることが分かる。

また、上位9名は日本代表として20ゴール以上を記録しており、各時代のエースがズラリと並んでいる。

得点ランキングのTOP20に入っていなかった選手としては久保竜彦が0.344で11位、鈴木隆行が0.20で20位に入っている。

今度は、日本代表として「10得点以上あげている選手」に絞って見てみよう。

ここでも上位の顔ぶれに変化はない。というか、釜本の数値が異次元にさえ思えてくる…。

その後、日本代表の監督を務めたことでも知られる二宮寛が0.75という数字を残し2位となっており、今度は岡崎は7位で登場。

以下本田が9位となっており、京都サンガでプレーする山瀬功治もMFながら0.385とまずまずの数字を残している。