みんな大好き!シーチキンレシピ

写真拡大

子どもが大好きなシーチキン。缶詰なので長く保存でき、うまみもたっぷり。サラダやおにぎりの具として使うのが定番ですが、油を切ればヘルシーな食材に早変わり! シーチキンを色々な料理に使う、アレンジレシピを紹介します。

●シーチキンと豆腐のカレーそぼろ丼

シーチキンと豆腐をそぼろ風にアレンジしたヘルシーな丼。カレー風味で子どもでも食べやすいレシピです。

材料(4人分)は、シーチキン140g缶(1缶)、長ネギ(10cm分)、サヤインゲン(5本)、ニンジン(1/3本)、木綿豆腐(1丁)、ご飯(茶碗4杯)、サラダ油(大さじ1杯)、カレー粉(大さじ1.5杯)、しょうゆ(大さじ1.5杯)、砂糖(小さじ1杯)、ケチャップ(小さじ1杯)。

1)サヤインゲンを5mm幅、ニンジンを5mm角に切ります。

2)豆腐は600Wの電子レンジで2分ほど加熱して水切りをしておきます。

3)鍋にサラダ油を熱して、中火でみじん切りにした長ネギ、ニンジン、サヤインゲンの順に炒めます。

4)軽く油を切ったシーチキンを加えてしっかり炒めます。

5)豆腐を崩しながら加え、汁気を飛ばすように箸でよく混ぜながら炒めます。

6)全体がよく混ざったら、カレー粉、しょうゆ、砂糖、ケチャップを入れて味を調えます。

7)器にご飯を盛り、その上にそぼろをのせたら完成!

●シーチキンのライスコロッケ

ご飯とシーチキンを使ったライスコロッケは、中にとろけたチーズ入り。アツアツのうちに食べたいレシピです。

材料(2人分)は、シーチキン70g缶(1缶)、ご飯(200g)、みじん切りパセリ(大さじ1杯)、ピザ用チーズ(50g)、すりおろしにんにく(少々)、塩(小さじ1/3杯)、粗挽き黒こしょう(少々)、小麦粉(適量)、溶き卵(適量)、パン粉(適量)、揚げ油(適量)。

1)ご飯に油を切ったシーチキン、パセリ、チーズ、にんにく、塩、黒こしょうを加えて混ぜ合わせます。

2)8等分にして丸め、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣を付けます。

3)170〜180度の油で、きつね色になるまで揚げたらできあがり!

●簡単混ぜご飯

材料を混ぜるだけの、冷めても美味しい混ぜご飯レシピです。

材料(1人分)は、ご飯(お好みの量)、めんつゆ(お好みの量)、シーチキン(お好みの量)。

1)食べたい量のご飯を用意して、めんつゆを薄めずに好みの味になるまで入れます。

2)シーチキンの油を軽く切り、ご飯に入れて混ぜたらできあがり!

そのまま握っておにぎりや、炒めてチャーハンにアレンジすることもできます。

シーチキンはフレーク状のものやゴロっとしたものなど、バリエーション豊富です。料理に合わせて、種類を変えてみるのもいいかもしれません。最近では、煮物や鍋の具材として使う人も増えているのだとか。使い勝手がよく、長期保存も可能なシーチキン。アレンジ次第で色々な楽しみ方ができる食材です。これまでと違った使い方で、料理の幅が広がるかも?

(文・姉崎マリオ/考務店)