越後川口SA上り線のフローリーカフェでは、新潟県産食材だけを使った新メニュー「越後の丸パン」(280円)を販売中

写真拡大

関越自動車道・越後川口サービスエリア(SA)上り線のベーカリー、フローリーカフェでは、定番のパンに加えて米粉を使ったものや季節のものを販売。また、デザートのフローズンヨーグルトやコーヒーなど、ほっとひと息付くのにピッタリのグルメも取り揃えている。

【写真を見る】フローリーカフェは8時から17時まで営業。定番のパンに加えて、米粉パンや季節のパンも販売

ずらりと並ぶ商品の中でも注目なのが、新メニュー「越後の丸パン」(280円)だ。新潟県産の具材だけを使った同商品は、餌にこだわることで鶏臭さを減らした新潟のブランド鶏「越の鶏」や、シャキシャキとした食感の「大口れんこん」、県産の豚肉、里芋などで餡を作っている。

餡は、地元名産の唐辛子であるかぐら南蛮を使った調味料「かぐら南蛮味噌」と、デミグラスソースで濃いめに味付けされていて、パンとの相性がよく、食べごたえが抜群。焼き立てはもちろん、焼き上がりから時間が経ったものは餡の味が馴染み、どちらもおいしく食べられる。

フローリーカフェは8時から17時まで営業。越後川口SA上り線に寄った際には、地場の味を存分に味わえる「越後の丸パン」を、ぜひ食べてみて欲しい。【東京ウォーカー】