屏東県政府提供

写真拡大

(台北 25日 中央社)南部・屏東県の文化施設「屏東演芸センター」で26日、日本舞踊と三味線演奏のパフォーマンスが行われる。伝統芸能の披露を通じて、日本らしい雰囲気を観客に届ける。

パフォーマンスを行うのは、台湾の日本舞踏流派「千鶴流」と津軽三味線グループ「台湾雅三弦会」。いずれの団体も日本人によって設立され、台湾での日本文化普及に貢献している。

(編集:名切千絵)