『増刊! マヤニスタ』(ベースボール・マガジン社)

写真拡大

 24日、W杯アジア2次予選、日本対アフガニスタンが埼玉スタジアム2002で行われた。日本代表は序盤から攻めあぐねるも、43分に岡崎慎司が先制点を挙げると、そこから流れを一気につかみ、終わって見れば5-0の圧勝という結果となった。

 この試合でハリルホジッチ監督は、岡崎とのツートップの相手に、出身校・滝川二高の後輩でもある金崎夢生を選んだ。結果は、岡崎とともに1ゴールを挙げ、日本代表のFW争いでアピールに成功したといえるだろう。しかし、今まで宇佐美貴史、武藤嘉紀、川又堅碁など数々の点取り屋を新たに試してきたハリルホジッチだったが、その中で誰ひとり“ある意外な男”のゴール数には及んでいないと、今ファンの間で話題になっている。

「ブラジルW杯以降の代表得点ランキングは、1位が本田圭佑の11ゴール、2位が岡崎慎司の9ゴールと、予想通りのものなんですが、なんと3位は、香川真司を抑えてDFの吉田麻也の5ゴールなんです。アフガニスタン戦でもありましたが、これからはセットプレーの時に長身のハーフナー・マイクに相手DFが引きつけられ、吉田がゴールというパターンができ、もっと増えるかもしれませんね。もちろん、ゴール数のみで攻撃力の有無を判断できるわけではありませんが、他の攻撃陣からすると、少し残念な結果ですよね。ファンからは『また吉田じゃん!』『しかもこいつは、大事な試合でも決めるんだよ』『こないだプレミアでも決勝点とってMOM取ってたな』と、吉田の得点力には信頼を置いている様子です」(スポーツライター)

 実は、日本代表のDF陣は以前から得点力のある選手が多い。ボンバーヘッドの愛称で親しみのある中澤佑二は、実はあの中田英寿の11ゴールよりも多い17ゴールを決めている。これは、柳沢敦と並んで歴代13位の記録だ。27歳とまだまだ代表での活躍が見込める吉田なだけに、中澤の記録には、ぜひとも挑戦してほしい。
(文=沢野奈津夫)