乾麺に重曹入れたらモッチモチ!?らしいので試してみたよ

写真拡大

3月10日に放送された『あのニュースで得する人損する人』(日テレ系)で「インスタントラーメンに重曹を加えるとふっくらモチモチ!生麺のようになる」という得ワザが紹介されていて気になったので試してみましたよ!

【関連:話題の「濃厚クリーミー卵かけごはん」をつくってみた】

重曹煮込み麺の材料

つくり方はお湯500mlを沸騰させたものに重曹小さじ2を溶かして麺を3分茹でます。めっちゃくちゃ泡立つのは重曹のせいです。
器にはあらかじめスープを別のお湯でつくってスタンバイしておいてください。そこに茹でた「麺のみ」を投入したら、できあがりです。重曹はどうしてもエグみが出てしまうため、茹で汁をスープに使わないことがポイントです。

すっごく泡立つ

たしかに麺がモッチモチに変身しました! これはすごくお得な感じがします。
どうして重曹を入れるとモッチモチになるのかというと、科学探偵・得川コナン(丹佳夫さん)によると乾麺にする際に失われたモチモチの元である成分【かんすい】が、重曹をお湯に入れることでかんすいに変化し、再び麺をモチモチにしてくれるそうです。

科学的に証明されたこの得ワザ、ぜひチャレンジしてみてくださいね!


つるつるモチモチ!

▼参考
あのニュースで得する人損する人(tokuson

(文:大路実歩子)