新システムでのプレーを振り返るMF柏木陽介「悪くなかったけど物足りない」《ロシアW杯アジア2次予選》

写真拡大

▽日本代表は25日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドにて、トレーニングを行った。

▽晴天の中、約1時間半にわたって行われたトレーニング終了後、前日に行われたロシア・ワールドカップ・アジア2次予選のアフガニスタン代表戦(5-0で勝利)に先発したMF柏木陽介(浦和レッズ)が報道陣の囲み取材に応じ、最終予選進出を喜ぶとともに、前日のアフガニスタン戦を振り返った。

◆MF柏木陽介(浦和レッズ)

──アジア最終予選進出が決定したが

「僕は(予選の)途中から入りましたが、自分も試合に絡めて、チームが(アジア2次予選を)突破できてよかったです」

──ハリルホジッチ監督から最終予選に向けての話などはあったのか

「まだそういった話はされていません。今日は(監督の)機嫌が良いので、明日ぐらいに話があるのかなと思います。今日はずっと笑顔で、ずっと機嫌が良かったです(笑)」

──練習前のミーティングも笑顔で和やかな雰囲気だったが

「いつもよりもボケが多かったというか、いつもは真剣な所でボケを言うので、笑っていいか分からないんですが、今日は終始笑顔だったので、ボケがいつもより通じやすかったです(笑)」

──アフガニスタン戦は戸惑いも多かった部分があったようだが、一夜明けてどうか

「自分的にはそんなに悪くなかったと思いますが、新しいポジションにしろ、しっかり順応して、もっとやっていかないといけないなと思います。ボールを触って前を向いた状態でプレーするのが自分の持ち味だと思うので、メリハリをつけたプレーがもうちょっとできたかなとは思います。そこを意識してやっていきたいのと、ポジションが違うとパスを出すシーンがなかったので、そういったシーンを自分で作っていかないといけないと思います」

「簡単に(ボールを)はたきながらのコンビネーションという部分では、まあまあできたと思うんですが、それ以外の部分では悪くなかったけど物足りない感じです。もっとできたんじゃないかという思いです。与えられたポジションで、できるものをより出していかないといけないかなと思います。良くできたのは切り替えの部分ですかね」

──2トップは今回初めてやったのか

「前は全然やっていません。前日しかできていないので、合わせるのが難しかったというのは個人的にあります。良い経験ができました」

──手応えはあったか

「2トップは2トップの良さで、距離感を近くできます。ただ、高い位置でパスを回しているとカウンターを受けやすい状況ではあったので、そこは気をつけないといけないとみんなで話していました」