桜の開花予想も発表され、今年はどこに桜を見に行こうかなと考えている人も多いのではないでしょうか。

今回は中部地方のお花見にオススメな桜の名所を紹介していきます。

■岡崎公園

場所は愛知県岡崎市です。夜桜は東海No,1の呼び声もあるほどの美しさとなっています。敷地内は24時間開放されているため、どの時間帯に行っても桜を見ることができるのが驚き。4月1日〜15日までは”岡崎の桜まつり”が開催され、毎年大きな賑わいを見せています。なかでも10日に行われる”家康行列”は必見です。見頃時期は3月下旬〜4月上旬となります。

■伊豆高原桜並木

場所は静岡県伊東市です。道路の両脇に桜並木があるため、ドライブをしながらでも桜を楽しめるのが魅力的。まさしく桜のトンネルを走行している気分になれます。伊豆高原桜祭りが3月21日〜4月5日まで開催され、3月25日からは夜になるとライトアップもされるので、夜桜を見ることも。見頃時期は3月下旬〜4月上旬です。

■淡墨公園

場所は岐阜県本巣市です。樹齢1500年の木に咲き誇る桜は”淡墨桜”と呼ばれており、国の天然記念物に指定されているほど。高さ16mから咲き誇る桜の美しさには圧倒されます。蕾の際は薄ピンク色で、満開の際は白色に咲くのが特徴です。”日本さくら名所100選”にも選ばれており、夜にはライトアップもされます。見頃時期は4月上旬〜4月中旬です。

■兼六園

場所は石川県金沢市です。国の特別名勝にもなっており、日本三大庭園と1つでもあります。庭園と桜という、日本の和がまさに融合した景色を見れるのが魅力的。桜の種類が多いのも特徴であり、様々な桜を見ることができます。歴史風情も漂っており、日本の美しさが多く詰まっている場所です。見頃時期は4月上旬〜4月中旬となっています。

■身延山久遠寺

場所は山梨県身延町です。名物は樹齢400年の木に咲き誇る””しだれ桜”となっています。まるで花火のようにも見えるその桜は、普通の桜とは違った景色を見れるのが魅力的。樹齢400年という木から咲き誇る桜からは貫禄さえも感じさせてくれます。見頃時期は3月下旬〜4月上旬です。

北陸新幹線が開通したことにより何かと話題の石川県。観光の際に桜を楽しむのもいいですね。

(鈴木 唯)

春到来!桜を見に花見ドライブに行こう【中部編】(http://clicccar.com/2016/03/25/360686/)