777-200ER型機向けのビジネスクラス席「SKY SUITE III」(スカイスイートスリー)は16年7月にお目見えする

写真拡大

日本航空(JAL)は2016年3月25日、大型旅客機のボーイング777-200ER型機向けビジネスクラスシート「SKY SUITE III(スカイスイートスリー)」を六本木ヒルズ(東京都港区)の「ヒルズカフェスペース」でお披露目した。3月27日まで一般の人も体験できる。

東京・六本木ヒルズで体験開放

JALでは、主に欧米路線に就航しているボーイング777-300ER型機を皮切りに、ビジネスクラスでは座席が完全に水平になる「フルフラット型」の「JAL SKY SUITE」シリーズに入れ替えを進めてきた。今回お披露目されたビジネス席の配列は1-2-1で、全席から直接通路に出られるのが特徴。中央の2列を、通路に対して斜めになる八の字型に配置する「ヘリンボーン式」で、一部の座席で足元を立体的に交差させて限られたスペースでも快適に過ごせるように工夫した。

シートモニターは17インチで、現行の約1.5倍の大きさだ。

777-200ERの新座席は16年7月に羽田-バンコク便にお目見えし、羽田-シンガポール便、羽田-ホノルル便に順次投入。17年度中に全11機の改修を終え、ボーイング787-8型機の一部をのぞいて、中長距離路線は全機が新型座席に入れ替わる。

ヒルズカフェには777-200ER向け以外にも、777-300ER、767向けのビジネスクラス席を展示。機内で人気のJALオリジナルドリンク「スカイタイム」や日本酒、コーヒーもふるまわれる。一般向けに開放されるのは3月25日が17〜20時、26、27日が11〜19時。