代表通算100キャップが迫るFW岡崎慎司「初戦の様に臨んで結果を出したい」《ロシアW杯アジア2次予選》

写真拡大

▽日本代表は25日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドにて、トレーニングを行った。

▽晴天の中、約1時間半にわたって行われたトレーニング終了後、前日に行われたロシア・ワールドカップ・アジア2次予選のアフガニスタン代表戦(5-0で勝利)に先発し、先制ゴールを記録したFW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)が報道陣の囲み取材に応じ、先制点の場面を振り返り「同じことをやれと言われたらできないかもしれない」とコメント。また、次が代表通算100キャップとなることについても語っている。

◆FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)

──昨日の華麗なゴールは狙っていたのか

「決めた時はそういった風に思わなかったですが、とっさだったので、ずっと狙っていたわけじゃありません。あそこで前を向けたから自分の力を最大限に発揮することができただけで、同じことをやれと言われたらできないかもしれません」

「ただ、あそこで前を向くこと自体が、何回あそこで前を向けるかというのは僕のバロメーターで、レスターでも、いつも前を向くことしか考えていません。その中で、キープする時との判断を使い分けることを最近は考えています」

「それがあのゴール前で出たのは、今は常に前を向くことを前提に考えているからだと。前を向いた時に大事にしているのが、次のタッチで、それがハマったなと思います」

──見事なプレーだったと思うが

「感覚でできているときは、そういったことを引き出せると考えています。だからこそ、試合中には何も考えずにプレーしています」

──ピッチで考えないために、事前に合わせたり準備をしているのか

「守備は規律があって欲しいなと思いますが、攻撃に関しては色々なパターンがあるので、自分たちの感性がモノを言うのかなと思います。特に今回は、アジアだと引いて守られてばっかりなので、テンポを自分たちで上げないといけないかなと思います」

「逆に難しい相手とやったときは、考えなくてもテンポを上げなくてはいけないし、相手が自分たちより強い場合は、と引いて守るパターンになると思うので、勝手にカウンターになると思います。その時に考えてカウンターをしていたら上手くいかないと思うので、取ったら前にという考えがみんな頭にあると思います」

「そういった意味では、考えるということが攻撃には一番いらないのかなと思います。『前へ』という共通意識さえあれば、あとはフィーリングで合わせればいいのかなと」

──所属のレスター・シティは快進撃を続けているが何か変わったか

「自分の想像を超えることばかりが、周りの選手を見ていると起こっているので、とても刺激になりました。レスターの選手たちは、ハードワークをみんなします。僕の良さは何なのかを考えたら、結果を出すしか上には行けない。ハードワークしているだけだったら、普通の選手なので。ちょっとでも前にドリブルするとかが必要です。そこで考えたのが、間で受けた時に相手の前に入るトラップを、プレミアではいつも意識しています。そこで一歩先手を取るというのは、自分の最大の良さかなと思います」

──身体も一回りぐらい大きくなったようだが

「やっぱりプレミアでフォワードをやるときは、相手を背負わなくてはいけないし、身体をぶつけられた時はスピードが落ちます。そうなった時に負けないためには、少しは重りが必要かなと。チームメイトがやっているのと同じように多少やっています。その辺りが関係しているのかは分かりませんが、工夫したというのはあっても、個人的に前の代表とは違うというのは、ただ単にリフレッシュされただけかなと」

──次に試合に出場すると通算100試合目となるが

「代表の初戦の様に臨んで、結果を出してやろうという気持ちですね。それが果たして30歳になる選手としていいのかは分かりませんが、そういう風に選手を見て、若い選手が繋げていってくれたらなという方が自分らしいです。自分が言葉でとか、サポートしてというよりは、自分がどうしたいか、のし上がっていきたいというのをプレーに込めていった方が、若い選手には伝わるのかなと。キャラ的にも、変えることはできないと思いますし(笑)」

──これまでの代表の試合は納得いくものだったか

「納得してない試合の方が多いと思います。だからこそ、ここまで走ってこれたと思うし、それが続く限り試合に出たいですし、ゴールを取っていきたいです。たくさんの先輩の後ろ姿を見て育ったので、感謝したいですし、自分が出続けて、若い選手が自分を見て何か感じてくれたらなと思います」

──昨日、ヨハン・クライフ氏が亡くなったが

「サッカー界にとって素晴らしい人です。自分にとって影響があったかと言えば、正直記憶にはないですが、たくさんの人が亡くなった瞬間から敬意を表しているのを見ると、サッカーに愛されていた人だったと思います。そういった人に自分もなりたいと思いますし、自分もそれぐらいサッカーをもっと好きになっています」

──印象はあるか

「名前は聞いたことはありましたが、クライフさんがやっているターンも、ジダンとかがやっているのを見て知ったので、そこまで印象はないです。昔の試合はあまり見ないので」