23日、中国の男性がこのほど、「女性が自分のことを好きか」分かる表を作成した。

写真拡大

2016年3月23日、アクチュアリーの黄(ホアン)さんは、品があり経済的に恵まれた家庭で育ったものの未婚だ。そんな黄さんは最近、浙江省杭州市第七人民病院臨床心理科の宋海東(ソン・ハイドン)副医長を訪ね、ある女性を評価した「表」を見せ、「この女性は僕のことが好きなはずなので、確認してもらえないか」と相談したという。宋副医長は、その表の内容を見て、笑いをこらえきれなかったという。浙江在線が伝えた。

宋副医長によると、黄さんが作成した表は非常に複雑で、女性のさまざまな行動にポイントを付け、最終的な得点をまとめている。黄さんはこのポイントで、女性が自分のことを好きかが分かると考えている。

例えば、携帯のショートメッセージ。相手が1日に何通送って来るか、時間帯、その内容などにポイントをつけている。ショートメッセージが夜中に送られてきたり、食事や映画に誘われたりすると、ポイントは高くなる。一方、単なる仕事の用事であれば、ポイントは低くなる。

女性にメッセージを送信してから、返事が来るまでの早さについては、すぐに返信があれば3ポイント、30分後であれば2ポイント、1時間後なら1ポイント。一方、12時間以上であれば−1ポイント、返信なしなら−5ポイントとなる。

その他、電話で何分話したか、会った時にどんな服を着ていたか、化粧をしていたか、どれくらいしゃべってくれたか、どれくらい笑ってくれたかなどの詳細に至るまで、細かくポイントが付けられている。

宋副医長は、黄さんの性格について、「少し偏屈。前回の恋愛が望んでいた結末にならかったため、心に傷を負ったのだろう」と分析する。

そして、「人の感情を得点で測ることはできない。その表は一見正しいように見えるが、実際には偶然的な要素もある」とその正確性には否定的な見方を示した。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)