「大妖怪展」東京と大阪で開催 - 縄文の土偶から妖怪ウォッチまで、4000年にわたる妖怪を一挙公開

写真拡大

「大妖怪展」が、東京都江戸東京博物館で2016年7月5日(火)から2016年8月28日(日)まで、あべのハルカス美術館で2016年9月10日(土)から2016年11月6日(日)までの期間、開催される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

本展では、古くから日本で愛されてきた妖怪たちを、縄文時代の土偶から、平安・鎌倉時代の地獄絵、中世の絵巻、江戸時代の浮世絵、そして現代の「妖怪ウォッチ」まで、国宝・重要文化財を含む一級の美術品で紹介する。4000年の時空を超えた妖怪表現の流れを体感できると同時に、奥深さを知ることのできる、またとない貴重な機会となる。

見どころは、平安〜鎌倉時代の国宝「辟邪絵」をはじめ、現存する最古の「百鬼夜行絵巻」として名高い中世絵巻。それら作品から、仏教の伝来によって地獄の思想が始まり、もののけや鬼が奇怪な生き物として造形化された表現のルーツを探る。

そして、中世に生まれた妖怪たちは江戸時代に大繁殖し、さらに奇想天外な造形を見せる。現代でも高い人気を持つ葛飾北斎や歌川国芳らの浮世絵では、さまざまな様態やいきいきとした表情がうかがえる。一見すると不気味だが、じっくり見てみることで愛らしい一面や、作品の中のストーリーを発見することができる。

本展は、従来の妖怪展とは一線を画す一級の美術品で構成された“妖怪展の決定版”。不思議で楽しい妖怪の世界を、ぜひ楽しんでみては。

【展覧会詳細】
「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」
■東京会場
期間:2016年7月5日(火)〜2016年8月28日(日)
会場:東京都江戸東京博物館 1階特別展示室
住所:東京都墨田区横網1-4-1
開館時間:9:30〜17:30(土曜は19:30まで)
※入館は閉館の30分前まで。
休館日:毎週月曜日
※7月18日、8月8日・15日は開館、7月19日は休館。
TEL:03-3626-9974(代) 江戸東京博物館
観覧料:一般 1,350円、大学・専門学校生 1,080円、小・中・高学生・65歳以上 680円
■大阪会場
期間:2016年9月10日(土)〜2016年11月6日(日)
会場:あべのハルカス美術館
住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F
開館時間:火〜金 10:00〜20:00、月・土・日・祝 10:00〜18:00
※入館は閉館の30分前まで。
休館日:9月12日(月)、10月11日(火)、10月17日(月)
TEL:06-4399-9050 あべのハルカス美術館
観覧料:一般 1,300円、大学・高校生 900円、中学・小学生 500円