強すぎるソフトバンクを止めるのはどの球団なのか? TBSラジオ・戸崎貴広アナ、文化放送・松島茂アナ、ニッポン放送・煙山光紀アナのお三方に、今年のプロ野球、パ・リーグの注目点を語っていただきます(l※セ・リーグ編はこちら)。



東北楽天ゴールデンイーグルス×福岡ソフトバンクホークス(@koboスタ宮城)


─── 昨季王者・ソフトバンクと、最下位・楽天の開幕戦です。戦力が充実しすぎている、ともいわれるソフトバンクですが。
戸崎:ただまあ、余ったら余ったで、ね。
松島:そうなんです。ソフトバンクがそのままボーンっと走る可能性ももちろん十分にあると思うんですけど、今、戸崎アナが仰ったように「余っている」という部分、宝の持ち腐れ的なことでどこかに歪みが生じると……やっぱり選手も人間ですから、それが負の連鎖になることもありえなくはない気もしています。それでも、普通にいけばやっぱりかなり強いですよね。
煙山:自滅しない限り……みたいな感じですよね。
戸崎:李大浩が退団したことも関係ないみたいな感じになってますから。長谷川勇也が戻ってきて。
煙山:中村晃がいて、松田宣浩とも再契約し、本多雄一も戻ってきました。
松島:本多は去年よりいいですしね。
戸崎:内川聖一も肩に違和感が、と言っていた時期もありましたが戻ってきちゃって……戻ってきちゃったという表現もなんですが(笑)。
松島:あとは、これだけ選手がいる中で、松田選手がどれだけ元気よく引っ張っていけるか、という点がソフトバンクにとって重要かな、と感じます。
煙山:投手陣にしても、戻ってきた和田毅もいいんですよねぇ。
松島:そうなんですよ。和田の存在は大きいですよ。
戸崎:和田は12、3勝つと思いますよ。投手陣はもう100%だね。
煙山:ドラフト1位の高橋純平は、もう今年はファーム?
松島:ちょっと出る幕はないでしょうね。投手陣に関しては2チーム作れるくらい揃っています。去年なんかウエスタンの投手成績上位にずらっとソフトバンク勢が並んでいて、それでも一軍に上がれない、という状況でした。死角があるか、というと、特には見当たらない。
戸崎:見つけてください! 面白くなくなっちゃうから。
松島:強いていえば、松坂大輔。あえて松坂を起用することにこだわったりすると、それがほころびになったりする可能性もあるかなーと思うんですが、工藤さんに限ってはまずないですね。

─── 楽天の話もいただければと。
戸崎:楽天は、若い選手が多いから将来性は楽しみなんですけどね。ただ、本来のレギュラー選手があまり話題になってこないという。
松島:たとえば、松井裕樹なんか今年まったく話題に出てこないですから。
戸崎:本当だ! 先日も投げてましたけどね。
松島:そうなんです。普通に抑えているんですけども。
戸崎:それ以上に、1年生5人が一軍キャンプ入りし、目立っていたということだと思うんです。ドラフト2位の吉持亮汰も3位の茂木栄五郎もいい選手ですよ。そして、オコエ瑠偉もこの一ヶ月半で上手くなりました。
松島:何より、勝負強いですよね。
煙山:高卒新人で、オープン戦で4打点以上挙げたのは炭谷(西武)以来、10年ぶりだそうです。スター性もありますよ。
松島:自分で考えて、新しいものに積極的に対応していく力があるみたいですね。
煙山:フォームもだいぶ変わってきたみたいで。
戸崎:ちょっとした癖が治れば、2、3年後にはトップレベルになれるんじゃないか、と池山打撃コーチも話していました。簡単には治らない打ち方なんだけども、大人の打球をたまに飛ばしますもんね。新戦力ではゴームズも打ちますよ。守備に難ありということで、本当に下手でビックリした、という話も聞こえてきます(笑)。ただ、打撃はいいです。顔も恐いし。あとは、同じく新外国人のアマダーもいいらしいですね。左手首のケガで開幕は間に合わないみたいですが。
松島:楽天って、20本30本打つような外国人がここ数年いませんでした。そういう意味では、打線の軸ができたことは明るい材料なのかと。
煙山:2年目のウィーラーもいますし、打線はいいと思います。ただ、ディフェンスがね。
戸崎:投手陣が、他球団に比べるとガクッと落ちるんですよね。
松島:あとはやっぱり、梨田さんの操縦術ですか。
戸崎:そうですね、上手くすれば5位はあるかと。
松島:4位くらいまではどうでしょう(笑)。ただ、他球団と比較すると、やっぱり楽天が少し落ちるのかな、という感じは否めませんね。


埼玉西武ライオンズ×オリックス バファローズ(西武プリンス)


戸崎:さあ、出ました本命、埼玉西武ライオンズ。ライオンズナイターさんに語って頂きましょう。
松島:ライオンズナイターをやっているからというわけではなく、今年は結構強いと思いますね。打線はもともとガッチリしていますし、投手陣もかなり良いですね。その中でも、開幕投手・菊池雄星がどれだけやるか!?
戸崎:開幕戦、注目ですよ。雄星が二桁勝つかどうかでチームの順位が変わってきます。
松島:はい。でも、今季の雄星はちょっと今までとは違うような気がします。いろんな意味で、雄星自身のピッチャーとしての「型」が遂に作られてきたかな、と。フォームが安定してきましたし。
戸崎:任せたわけだからね、田邊監督が。
松島:そうですね、いくら相性があるとは言え、やっぱり岸孝之をもってくると思うんですよ。そこで雄星に任せた、と。もちろん期待値も込めてでしょうけども。先発陣は当面5人で回していくようなんですが、そこに牧田和久も入れないわけですから。中継ぎで、ロングリリーフにも対応するという。そこに、郭俊麟もいて、去年活躍した武隈祥太も控えます。そして後ろは増田達至と高橋朋己。クローザーはおそらく増田でスタートすると思うんですけども。
煙山:僕は、あえて西武の不安というと抑えかなと思っているんですけど、増田は状態いいんですか?
松島:増田に話は聞いたら「普通です」と。彼が「普通です」と言うときは本当にいいと思います。
戸崎:打線はどうなんでしょう?
松島:かなりの重量級になる可能性があります。山川穂高が入ってきて坂田遼も入ってくる。破壊力は増すと思います。森友哉がはじき出されるぐらいの勢いですから。
煙山:森は山川との争い?
松島:森はですね、ライトの守備に入る場合は坂田との争いになり、DHということになってくると山川が関わってきます。
戸崎:守備陣では、外崎修汰もブレイクしそう。バッティングも結構良くなってきてますね。
松島:そうですね、開幕はいいかたちで迎えられそうです。

─── 対するオリックスは?
煙山:オリックスって予想が難しいですよね。評価が高いときがダメで、評価が低いときが強いという。その意味では、今年はいい成績になるはずなんですけど(笑)。
戸崎:先発陣の数は揃っているんですよね。
松島:ただ、去年は後ろのピッチャーが総崩れでしたからね。
煙山:佐藤達也、平野佳寿と揃ってケガしちゃって。でも、その辺も今のところ無事ですもんね。
松島:加えて、新外国人のコーディエが抑えになりそうです。
煙山:コーディエって相当球速いんでしょ?
松島:はい。福良監督も相当期待しています。額面通りに働いてくれれば、そして一昨年活躍したセットアップ陣が戻り、コーディエとのコンビがハマれば……というところですね。
煙山:野手でもボグセビックとモレルという、また言いづらい選手が入ってきて(笑)。ブランコがメンバーに残れないかもれしれないんでしょ?
松島:そうなんです。ボグセビック、モレルの二人ともオープン戦は3割をこえました。
戸崎:ただ、安達了一がキャンプ前に離脱しちゃったのがね。
松島:安達不在は痛いですよね。だから、ナカジ(中島宏之)が結構鍵になるかな、という気がしています。
煙山:糸井嘉男はまだ眠っている状態?
松島:そうですね、オープン戦は良くないですよね。
煙山:糸井、ナカジ、T-岡田。うーん……。新人の吉田正尚がオープン戦ではホームランを打ってましたけども。
松島:パンチ力ありますよね! 吉田はすごいですよ。
煙山:新人でいえば、近藤大亮にも注目ですよね。
松島:開幕2戦目に先発しそうな感じですよね。
戸崎:オリックスは、情報がほとんど出てこない。逆にこういうときは怖いですよね。意外と……まあ楽天と競るかな。
煙山:楽天と競っちゃいますか。
松島:潜在能力的にはオリックスの方が上だと思いますけどね。
煙山:西勇輝もいてディクソンもいて、捕手も伊藤光がいて。ハマったら強そうな気がするんですけど。誰も注目してないからこそ意外と面白いかな。何といっても金子千尋がいるわけだし。
戸崎:金子は肘・肩の問題がどうなのか? 開幕戦でどんなピッチングをするかですね。
松島:そうなんですよ。だから菊池と金子の投げ合いは本当に注目だと思います。


千葉ロッテマリーンズ×北海道日本ハムファイターズ(@QVCマリン)


松島:ロッテはピッチャーの層がかなり分厚くなりましたよね。
戸崎:なりましたね。伊東勤監督があんなに明るく、ニコニコしているのは初めてじゃないか、っていうくらい。
松島:涌井秀章、石川歩、大嶺祐太、スタンリッジといて、二木康太。
煙山:さらにチェンもいて、唐川侑己もいて、イ・デウンもいて……確かにすごい。二木が入ったことで厚みを増してますね。
松島:大嶺祐太もかなり安定感が増してますからね。
戸崎:2軍の開幕戦で唐川が投げたんですけど、3年ぶりにすんごいピッチングを見ました。球速は135キロくらいなんですけど、滅茶苦茶良かったです。唐川、出てくると思いますけどね。
煙山:後ろも、内竜也が戻ってきて、益田直也がいて、西野勇士がいるんでしょ。抑えをできる選手が3人いるっていうこと!?
松島:そうです。ただ、内っていまだに1年間働いたことはないんですね。
戸崎:ただ、オコエの親戚ということで注目されて、自分も頑張んなきゃ!となってるでしょう。でも、やっぱり西野がいるっていうのは大きいですね。
松島:打線もオープン戦、すごく良かったんですよ。
戸崎:そこに、ナバーロも戻ってくるし。銃刀法違反容疑も不起訴処分になりました。韓国でシーズン48本塁打。ナバーロに関しても、キャンプ当初は伊東監督ニコニコでしたから。「こんなにいいバッター、久しぶりに見た」と言っていました。
煙山:オープン戦最初に、すごいホームラン打ってましたし。4週間の出場停止は痛いですが、去年だって、前半戦デスパイネはいなかったですもんね。
松島:だから、ロッテは本当に強いですよ。

─── そのロッテと対するのが、大谷翔平のいる日本ハムです。
戸崎:去年、栗山監督は本気で優勝を狙っていて、でも、ここぞというポイントでことごとくホークスにやられたんですよね。先日話を聞いたら、悩んでいました。「チームが前に進んでない」と。レギュラー候補の岡大海が足首捻挫で開幕絶望になったのも痛いですよね。
煙山:上沢直之も手術に踏み切ってしまって。先発足りなくないですか? 大谷、メンドーサ、吉川光夫、有原航平、以上! みたいな。
松島:ちょっと厳しいんじゃないでしょうか。日本ハムに関しては、去年からのプラスαはそんなにないですよね。
戸崎:もう大谷任せだね。
煙山:大谷で貯金をいくつ作ることができるか。でも、今年は結構、野手の出場数も増やすみたいなんでね。
戸崎:去年8:2でピッチャーだったのを今年5:5にすると言っていました。バッティングに少し重きを置くと。
煙山:個人的にはめちゃめちゃ見たいんですよ。せっかくやってきた二刀流、4年目で完成形、みたいな感じで。でも、スケジューリングだけ見たらもう、とんでもないですよ。投げて、翌日1日だけ休んで、野手、野手、野手。そして1日休んで投げるんでしょ? 僕らでいえば、ディレクターとアナウンサーを両方やってるようなもんだからなぁ。
戸崎:オフにダルビッシュに師事して、1日の食事回数を6食にしたらしいですね。それで体重も100キロを超えて。でも、投げ方は心配でした。制球も良くなかったし。
煙山:やっぱり、野手の動きをそれだけ増やすと、ピッチャーとしての悪影響が出るんじゃないか……というのは、常識的なつまらない人間の考えなんですけど(笑)。でも、あのスケジュール通りで20勝したら、本当の怪物ですよね。
戸崎:アメリカも含めて、20勝・20発はいないんですよね。ベーブ・ルースでも10勝・10発。大谷はその10勝10発はもう達成しているわけなので……20勝20発、なんてね。
煙山:でも、オープン戦でヤクルトの原樹理から打ったホームランなんか見ちゃうと、やっぱりすごい打者だなって。軽々と打ってましたもん。
松島:日本ハムは、大谷がもし、そのハードスケジュールでイマイチ、となっちゃったらかなり大変ですよね。
戸崎:大変! あと大谷の場合、ソフトバンクに去年も1勝2敗で負け越して防御率6点台。オープン戦でのソフトバンク戦も、5回6安打4失点。立ち上がり悪いのと、ストレートの狙い打ちで。
煙山:初回の失点率が異常に高いんですよね。
戸崎:高い。あと7番8番9番によく打たれています。集中力の問題だと思うんですけど。
松島:ホークスは大谷に対して、苦手意識はまったくないでしょうね。
戸崎:でも、ホークスを倒してくれるチームがないと、パ・リーグは面白くない。
煙山:そうなんです。混戦パ・リーグを求めるなら、やっぱりホークスを止めないといけない。だから、則本昂大とか金子とか大谷とか、各チームのエースが皆、ソフトバンク戦で投げるくらいじゃないと。
松島:それが、ボディーブローのように効いてくると。
戸崎:去年1年間、渋い顔の工藤監督なんて見れませんでした。ずっと笑ってましたから。もともと明るいというのもありますが、そんな工藤監督が悩むくらい、他の5球団に意地を見せて欲しいですね。


TBSラジオ
「エキサイトベースボールスペシャル セ・リーグ開幕戦 巨人vsヤクルト」
18時00分〜 解説:佐々木主浩/実況:初田啓介

文化放送
「文化放送スポーツスペシャル プロ野球パシフィックリーグ2016開幕戦 埼玉西武×オリックス」
17時50分〜 解説:山崎裕之/実況:松島茂

ニッポン放送
「ショウアップナイタースペシャル セ・リーグ開幕戦 巨人×ヤクルト」
17時30分〜 解説:江本孟紀/実況:松本秀夫

セ・リーグ編はこちら
(オグマナオト)