▽横浜FMは25日、ルーマニア1部のボトシャニからキュラソー代表FWマルティノス(25)を完全移籍で獲得したことを正式発表した。背番号は20番に決定。同クラブの公式ツイッターによると、同日のトレーニングから合流しているという。

▽ヘーレンフェーン下部組織出身のマルティノスは、これまでオランダ2部のスパルタ、ハンガリーのフェレンツヴァーロシ、オランダのエメン、ボトシャニでプレー。キュラソー代表としては、ここまで3試合に出場している。

▽23日の時点でボトシャニ側からすでに横浜FM入りが発表されていたマルティノスは、クラブの公式サイトで以下のように意気込んでいる。

「はじめまして。マルティノスです。横浜F・マリノスに加入することが出来てとても嬉しいです。日本に来る前にスタジアムの雰囲気やサポーターの雰囲気などをインターネットで観て、とても良い印象を受けました」

「そして、選手としてさらに成長するためにこのクラブでプレーすることを決断しました。スタジアムで皆さんが楽しんでもらえるようなプレーを見せたいと思います。よろしくお願いします」

▽マルティノスを引き入れた横浜FMは、シーズン開幕前のキャンプでブラジル人FWラフィーニャが右ヒザの前十字じん帯損傷の重傷で長期離脱。今月始めにフラメンゴからブラジル人FWカイケを獲得しており、得点力強化に向けて新助っ人の補強に動いていた。