25日、中国人観光客がベトナムでライチに群がる動画が掲載され話題になっている。

写真拡大

2016年3月25日、中国人観光客がベトナムでライチに群がる動画が掲載され話題になっている。

中国では先日、中国人観光客がタイの海鮮バイキングでわれ先にとエビを奪い合う様子を映した動画がネット上で物議を醸したが、再び同じような動画が注目を集めている。香港・明報によると、屋外で女性店員が大皿に盛ったライチを中国人とみられる客に一人ひとりに手渡していたが、あっという間に取り囲まれ、四方八方から手が伸びて身動きができない状態に。仕方なく大皿をテーブルの上に置くと、わずか7秒で皿いっぱいのライチがなくなってしまった。

この動画に中国のネットでは、「金払ったんだから食べない方が損だろ」「どんなふうに取ろうと個人の自由だ。中国は発展途上国でまだまだまずしい。食べ物に群がっても不思議ではない」と擁護する声がある一方で、「まるで難民だな」「海外で出たときくらい中国人の顔に泥を塗るような行動を慎めないのか?」と批判する声が圧倒的に多かった。

さらに、前述のタイの動画は、現地レストランが2年前のものだったことを明かしており、今回の動画についても最近のものではなく、「本当に中国人?過去のものを掘り起こして中国人たたきをしているのではないか?」との声も寄せられた。(翻訳・編集/内山)