24日、韓国メディアによると、現金に換えることができる「星風船」をもらうため、自動車レースをする場面をインターネット放送で生中継した30代の韓国人らが警察に逮捕された。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月24日、韓国・ニューシスによると、現金に換えることができる「星風船」をもらうため、自動車レースをする場面をインターネット放送で生中継した30代の韓国人らが警察に逮捕された。

ソウル麻浦警察署は23日、「京畿道坡州市にあるサービスエリアから、ソウル城東区にある永東大橋までの約20キロの区間を平均時速180キロで走って不法な自動車レースを行い、割り込みをするなどの危険運転をした疑いで、オムさん(30)やイさん(37)ら3人を在宅起訴した」と明らかにした。

警察の調べに対し、オムさんは「視聴者の関心を引き、より多くの『星風船』をもらうために自動車レースを生中継した」と明らかにした。「星風船」はあるインターネット放送会社が1つ100ウォン(約10円)で販売する有料アイテム。インターネット放送の視聴者は気に入った動画配信者に「星風船」をプレゼントすることができ、配信者はそれを現金に換えることができる。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「自分が死ぬ姿を生中継するつもりか?」
「罪のない他の人を巻き込まないでほしい」
「恐ろしい。韓国人は本当に金の奴隷になっていっているようだ」

「そんなに暇なの?」
「人間のすることとは思えない」
「事故が起きたらどうするつもり?そんな風に生きたいなら北朝鮮に行ってくれ」

「資本主義が生んだ怪物」
「最近の小学生の夢は『インターネット放送の人気配信者になること』!悲し過ぎる現実」

「そんな動画を投稿した人に星風船を送る人たちの考えが理解できない」
「星風船を買うお金で両親においしいものをごちそうしてあげて」(翻訳・編集/堂本)