『花芯』 ©2016「花芯」製作委員会

写真拡大

瀬戸内寂聴原作の映画『花芯』が、8月6日から東京・テアトル新宿ほか全国で公開される。

【もっと画像を見る(6枚)】

同作は、瀬戸内寂聴が瀬戸内晴美名義で発表した同名小説が原作。1958年の原作発表当時、作品の中で女性の性愛を描き、「子宮」という言葉が使用されていることから瀬戸内は「子宮作家」と呼ばれて批判を浴びた。

物語の主人公は親が決めた許婚と結婚し、息子を授かった女性・園子。夫の上司・越智に恋をした園子が次第に肉体の悦びに目覚め、「子宮」の命ずるままに生きることを選ぶ、というあらすじだ。

園子役を演じるのは、NHK連続テレビ小説『風のハルカ』や『ROOKIES』などの村川絵梨。園子を愛しながらも裏切られ、嫉妬に苦しむ夫・雨宮役を林遣都、園子と逢瀬を重ねる越智役を安藤政信、園子が雨宮と下宿するアパートの大家役を毬谷友子が演じる。メガホンを取るのは映画『blue』『海を感じる時』などの安藤尋。

■村川絵梨のコメント
園子という一人の女性の人生を演じきったことは、ひとつ大きな恋を経験したような感覚でした。私自身も、彼女の人生観に触れて強くなった気がしています。静寂の中にも、ふつふつとした女性の情愛が美しく描かれた作品です。8月の公開に是非、ご期待下さい。

■林遣都のコメント
奔放で儚げな女性はこんなにも美しいものなのか。手を上げてしまいそうな程憎たらしいけれど、抱き締めずにはいられない。見つめ合うだけで簡単に心を奪い奪われていく女と男の姿をじっくりと観ていただけたらと思います。

■安藤政信のコメント
表現したい事、作りたい事に対して今、厳しい日本映画界で伝えたいと志を感じるクルーに入れた事に感謝。村川絵梨の剥き出しの表現に未来を感じた。

■安藤尋監督のコメント
園子という役は演じることの大変難しい役でした。彼女は「愛」という社会的な感情で心を満たすのではなく、「恋」という反社会的な狂気に身も心も捧げてゆく女性です。この役を演じる女優は、女性としての意志の強さと刹那的な儚さを体現できなくてはなりません。村川絵梨さんはそんな、女性としての意志の強さと儚さを兼ね備えた、稀有な女優だと思います。彼女は凛とした芯の強さと、その中にも繊細に揺れ動く儚い感情があることを表現できます。彼女と仕事をしたいと思いつつもなかなか実現できずにいましたが、今回の『花芯』でやっと念願が叶いました。そして現場での村川さんは見事に園子その人でした。そして、肉体的にも精神的にもとても困難を伴うこの役に、臆する事なく挑戦してくれました。村川さんが演じることによって、園子の「恋」が単なる狂気ではなく、人が人を恋する上でそれは深い悲しみでもあるということが表現出来たのではないかと思います。

■瀬戸内寂聴のコメント
「花芯」は活字になるなり、子宮作家、エロ小説と、悪口雑言を受け、それに名もない作者、私が反抗したため、その後五年間、文学雑誌から干された小説である。私にとっては、この一作の不幸な運命の為、かえって六十年にわたる小説家の生活がつづいたという大切な作品である。今度はじめて映画化された。それに関ってくれたすべての人に感謝する。どの映画化の時も、小説と映画は明らかに違う芸術だと信じていて、原作者としての文句は一度も言ったことはない。映画としての成功をひたすら祈るばかりである。
「花芯」は「子宮」という中国語である。主人公の全裸体の美しさ!身体を張った捨て身の演技の迫力に感動!