2勝目を挙げたジェイソン・デイ(撮影:上山敬太)

写真拡大

<WGC-デル・マッチプレー選手権 2日目◇24日◇オースティンCC>
 2日目を迎えた『WGC-デル・マッチプレー選手権』。日本人選手唯一の出場となる松山英樹はデンマークのソレン・ケルドセンと対戦し、4&2で勝利した。
【関連写真】松山英樹のインパクトの瞬間を激写!自身の参考に!
 世界ランク1位のジョーダン・スピース(米国)はフランスのビクター・デュビッソンに5&4で勝利し2勝目。ジェイソン・デイ(オーストラリア)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)も勝ち、新BIG3は決勝トーナメント進出をぐっと引き寄せている。
 初戦を落としたダスティン・ジョンソン(米国)はキラデク・アフィバーンラト(タイ)に勝利してマッチプレー初勝利。同じく1敗を喫しているリッキー・ファウラー(米国)はハーフ。1分1敗と決勝進出へ厳しい状況となった。
 今大会は出場64選手を4人1組に振り分けて行われる総当たりの予選ラウンド初戦が行われ各組上位1名が決勝トーナメントに出場する形式。松山はなんとしても明日の勝利が求められる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>