<WGC-デル・マッチプレー選手権 2日目◇24日◇オースティンCC>
 2日目を迎えた『WGC-デル・マッチプレー選手権』。日本人選手唯一の出場となる松山英樹はデンマークのソレン・ケルドセンと対戦し、4&2で勝利した。
【関連】初日の激闘を写真で振り返る!
 昨日とは異なり、今日は常にリードする展開となった。1番でケルドセンがボギーを叩き1アップとすると、4番で松山がバーディを奪ったのを皮切りに4連続でアップを奪取。5アップとしてこのまま決まると思われた。
 だが、9番から折り返しての11番まで3連続でアップを許し2アップまで詰め寄られてしまう。連続ボギーに池ポチャと暗雲が立ち込めたが、12番パー5で3打目を1.5mにつけて流れを取り戻すと、13番でも連続バーディを奪い4アップ。15番でアップを許したものの、16番で奪い返してピリオドを打った。
 松山は明日世界ランク22位のケビン・キスナー(米国)と対戦。今シーズン『 RSMクラシック』で優勝するなど厳しい相手だが、なんとしても勝利したいところだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>