画像

写真拡大 (全3枚)

 DACは、複数のデバイスにまたがるユーザー行動の可視化やターゲティングを支援する、クロスデバイスサービスの提供を開始した。同サービスはDACが独自開発したアルゴリズムによる推計ベースマッチングによって実現するもの。

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)は、複数のデバイスにまたがるユーザー行動の可視化やターゲティングを支援するクロスデバイスサービスを開始した。

 スマートデバイスの急速な普及により、複数デバイスを保有するユーザーが増え、広告表示におけるクロスデバイス対応の実現は大きな課題の1つとなっている。同一ユーザーであってもデバイスやWeb等によって異なる識別子でカウントされるため、別のユーザーとして扱われており、適切な広告表示を行うことが困難となってきた。
広告表示における課題

 現在、この課題を解決するための方法は、大きく2通りあるとされている。ひとつが企業の保有する顧客会員IDなどを使った確定的なマッチング、もうひとつが行動ベースの大量ログデータ解析を基にした推計ベースマッチングだ。
2通りのクロスデバイスサービス

 DACが提供するクロスデバイスサービスは後者にあたり、複数のデバイスを確率的推計により同一ユーザーとして紐付けるアルゴリズムをDACのデータサイエンティストが独自に開発し、実現したもの。

 同サービスは今後、DSP「MarketOne」による広告配信や、DMP「AudienceOne」の分析レポートのオプションサービスとして提供される。また、企業が保有するデータのクロスデバイス解析を受託するなど、企業のクロスデバイス課題に合わせた提供も行われる。加えて、「AudienceOne」の機能としての実装も予定されている。

MarkeZine編集部[著]