画像

写真拡大 (全2枚)

 Legolissは、プライベートDMPを軸としたマーケティングダッシュボードの構築支援サービス「Cayma」の提供を開始した。あわせて、トレジャーデータなど3社との連携も発表した。

 Legolissは、プライベートDMPを軸としたマーケティングダッシュボードの構築支援サービス「Cayma」の提供を開始した。また、同サービスにおけるパートナーシップの第1弾として、クラウド型データマネージメントサービスを提供するトレジャーデータとデジタル広告の管理・配信プラットフォームを提供するサイズミック・テクノロジーズ、マーケティング・データ・ハブを提供するDatorama Japanとのパートナーシップを発表。3社の提供するソリューションとの連携を開始した。

 同サービスでは、一部のデータのみの可視化に留まることなく、広告主のニーズに合わせて、プライベートDMPへデータ提供が可能な3rdPartyベンダーの選定から、第三者配信サービスを活用した「広告出稿データ」の一元的な可視化など、BIツールの実践型カスタマイズ構築ができる。

 これにより、保有するデータを様々な角度でビジュアライズでき、KGI・KPIなど、マーケティング活動における判断や改善速度の向上を狙うことが可能となる。

MarkeZine編集部[著]