23日、中国福建省福州市の公安当局は、先日市内の民家に強盗が押し入ったが家主がトイレに閉じ込める事件が発生したと明らかにした。イメージ写真。

写真拡大

2016年3月23日、中国福建省福州市の公安当局は、先日市内の民家に押し入った強盗を家主がトイレに閉じ込める事件が発生したと明らかにした。

21日未明、トイレに立った女性は見知らぬ人物がトイレにいることに気が付き、すぐにトイレのドアを閉め、夫に助けを求め2人でドアを封鎖するとともに通報した。

警察によると強盗の男(34)は過去に同様の手口で捕まっており、2015年11月に出所したばかり。ずっと仕事が見つからなかったため再び犯罪に手を染めた。男は薄いプラスチック片をL字型に加工し、民家のドアをピッキング。当日は他の民家ですでに窃盗を働いた後で、夫婦の家に忍び込み金目の物を物色していた際に寝室から人が出てくるのを見て、慌ててトイレに身を隠したという。(翻訳・編集/内山)