富士通は24日、一般向け愛犬見守りサービス「わんダント2」を量販店にて4月下旬より順次販売すると発表した。

 新サービスは、愛犬の様子をカメラとセンサーで見守る「ユビキタスウェア わんダントチャーム」と「ユビキタスウェア わんダントステーション」をベースに、留守中の犬の行動や歩数、犬の幸せ度などをスマートフォンで確認できるわんダント2アプリと、飼い主への情報や飼い主同士のコミュニティーの提供などペットと暮らす生活をサポートするwebサービス「わんダントTOWN」をセットで提供する。

 外出先のスマホからわんダント2アプリメニューのマイルームにアクセスし、“いま何してる?”ボタンをタップすると、「わんダントステーション」に内蔵したカメラで撮影された室内の写真が表示され、留守番中の愛犬の様子を見ることができる。

 また、愛犬の首輪に装着した「わんダントチャーム」でセンシングしたデータは、「わんダントステーション」を経由し、クラウド上のセンサーアルゴリズムにより行動データとして解析され、直近30分の行動データをもとに愛犬の気持ちをメッセージとして表示するので、飼い主は、撮影画像だけでは伝わりにくい愛犬の様子を細やかに把握することができる。価格はオープン。