23日、中国福建省福州市倉山区で、市民の車に押し入り強盗を働いた男が車内に爆弾を放り投げ逃げ去る事件が発生した。イメージ写真。

写真拡大

2016年3月23日午後7時30分ごろ(現地時間=以下同)、中国・福建省福州市倉山区で、市民の車に押し入り強盗を働いた男が車内に爆弾を放り投げ逃げ去る事件が発生した。東南快報が伝えた。

高級車のポルシェで幼い娘を迎えに行った男性が発進しようとした際、見知らぬ男が突然後部座席に乗り込み、「金を出せ!」と脅してきた。男性は現金を多く持っていなかったため銀行で金を下すと強盗に約束し車を走らせたが、しばらく走り車が止まった際に強盗は後部座席に爆弾らしきものを投げ車から逃走した。すぐに車内は煙で充満し、危険を感じた男性は娘を連れ近くのコーヒーショップに駆け込んだ。

親子にケガはなかったが、同日午後9時過ぎ、現場周辺では爆発音が響いたと多くの証言が寄せられている。警察は爆弾処理班を派遣し車を隔離。強盗の行方とともに事件の詳細について捜査を続けている。(翻訳・編集/内山)