お花見に持って行きたい!原宿の「ローラズカップケーキ」春カップケーキ2種類が登場

写真拡大 (全2枚)

桜のつぼみもすでにほころんでいるし、今週末はお花見!と張り切っている女子も少なくないのでは? お弁当だけではなく、季節感たっぷりのスイーツも用意しておきたいところ。そこで、おすすめしたいのが、原宿の「ローラズカップケーキ東京」の春限定の新作。華やかな見た目と食べやすさを両立したカップケーキは、お花見ピクニックで喜ばれるはず。

写真は、2016年4月10日(日)まで販売する「さくら」(レギュラーサイズ560円)。バニラ味の生地に桜の花と葉を混ぜたほんのり塩気があるペーストと、白餡を使った上品な甘さのクリームをトッピングしているとか。桜の花びらをかたどったチョコレートの飾り付けが、女心をくすぐるはず。

「東京のシェフが開発した日本フレーバーで、“和”の食材を使いながら、洋のカップケーキとして自然な味わいに仕上がっている自信作です。中から春風が吹くようなイメージで、カップケーキの中央に桜のソースを入れているのがポイントです」と広報担当者さん。
もう1種類の「ピスタチオ・ラズベリー」(タイニーサイズ300円、レギュラーサイズ560円)は、「さくら」と入れ替わりに4月11日(月)からの販売だそう。ピスタチオペーストの緑と、ラズベリージャム入りのマスカルポーネクリームのピンクが春らしいルックスのこちらは、直径7cmのレギュラーサイズのほかに、4cmのタイニーサイズもあるのが嬉しいところ。

「ロンドンで人気のフレーバーで、東京では今回が初登場になります。チョコレート生地の内側にはラズベリージャムが入っていて、その甘酸っぱさが全体を引き締めるアクセントになっています」(同)

ほんのりピンク色のカップケーキで、ティータイムに春を満喫して。