LINEは、MVNO(仮想移動体通信事業者)事業に参入し、今年の夏頃の予定で「LINEモバイル」としてサービスを開始すると発表した。写真:同社発表資料より

写真拡大

 LINEは24日、MVNO(仮想移動体通信事業者)事業に参入し、今年の夏頃の予定で「LINEモバイル」としてサービスを開始すると発表した。

 同サービスの大きな特徴は、「LINE」「Facebook」「Twitter」の主要な機能のデータ通信量をカウントしない無制限の使い放題コミュニケーションを提供することである。「Facebook」、「Twitter」の閲覧・投稿および、「LINE」でのトークのやりとりやタイムライン投稿・閲覧に加え、無料通話などが対象になるという。

 また利用料金は、1カ月最低500円(税別)からのプランを予定しているほか、利用状況に応じて利用料金が選択できるプランを提供する予定だという。なお、「LINE」使い放題は、全料金プランで適用する予定になっている。通信の品質は、NTTドコモの通信回線を利用することで安定した品質を提供できるとしている。

 さらに、動画・音楽・音声などの大容量のコンテンツを利用する場合も、それらのデータ通信量をカウントしない無制限プランの提供も視野に入れているという。そのほか、LINEビジネスコネクトを活用したユーザーサポート、「LINEポイント」との連携による料金支払時のポイントチャージなどを検討している。