写真提供:マイナビニュース

日立情報通信エンジニアリングは、同社のネットワーク保守・運用のセキュリティサポートサービスにおいて、4月1日よりPentaho(ペンタホ)ソフトウェアを使った強化を実施する。

Pentahoソフトウェアは、OSSベースのデータ統合・分析基盤で、データ収集から加工、出力処理を一貫して行える。Hadoopとの連携など分散処理のアーキテクチャも備えるなど、新技術との連携への対応も魅力なソフトウェアとなる。4月1日より、同社のセキュリティサービスに、Pentahoソフトウェアを用いた「マルウェア感染調査支援」を追加。ネットワーク上のログをPentahoソフトウェアで解析することで、標的型攻撃メールにより感染した疑いのある端末の早期発見、異常値を検出した解析結果レポートを提供する。

企業や官公庁を狙う標的型攻撃メールが増加するなか、メールサーバーに接続している端末が感染した場合には、すべての端末の感染調査や特定にも多大な時間がかかるため、いち早い感染源判断が必要になる。同社では、Pentahoソフトウェアを活用したネットワーク保守・運用サービスの強化を今後も展開していくとしている。

(長岡弥太郎)