【警告】なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】清武弘嗣(日本)

写真拡大 (全4枚)

【日本代表・総評】6
 中盤がダイヤモンド型の4-4-2システムで臨んだアフガニスタン戦では、ハリルホジッチ監督の“予告どおり”グラウンダーのパスで崩すサッカーを実践。しかし、30分過ぎまでは最終局面──特にクロスの精度を欠いてゴールに結び付けられなかった。

 チームとしてあまり上手くいかなかった証拠に、プレーが止まった28分には先発11人がピッチ中央で円陣を作って話し合う光景も見られた。

 後半はある程度狙った形が見えたが、上出来とは言い難い。なにより気になったのは、インサイドハーフの柏木が消える時間帯が多かった点だろう。

【マッチレポート】日本 5-0 アフガニスタン

 
【個人採点・寸評】
[GK] 
23 東口順昭 6
ピンチらしいピンチは19分のCKくらい。見せ場はなく、可もなく不可もなしという評価だ。無失点に抑えたのが唯一にして最大の収穫。

[DF]
5 長友佑都 6
49分のボレーは打ち損ねた。とはいえ、全体的には安定。5分に素早い帰陣でカウンターを阻止した守備はハイライトのひとつだ。
 
6 森重真人 6
柔らかい足技でビルドアップに関与。CKからヘディングシュートを放つなど攻撃面でアピールした。及第点の「6」には届くだろう。
 
19 酒井宏樹 6
19分にクリアミスからCKにしたのは減点対象も、64分にクロスからオウンゴールを誘発して帳消しに。ただ、クロスの質は高めたい。
 
22 吉田麻也 5.5
開始直後にあっさり股抜きされ、20分には組み立ての局面で寄せられそうになるシーンも。後半に1ゴールも、守備では小さなミスが目に付いた。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
[MF]
7 柏木陽介 5(64分OUT)
ボランチを担う浦和とは違うポジション(インサイドハーフ)で持ち前のパスセンスを活かせなかった。“怖さ”をまるで出せなかった。
 
8 原口元気 6
速さとテクニックを駆使したドリブルで敵を混乱に陥れた。バーを直撃した12分のミドルに代表されるように、欠けていたのはシュート精度だけだ。
 
13 清武弘嗣 6.5
43分に絶妙なスルーパスから岡崎の先制点をアシストし、58分には自ら得点。さらに74分にCKから吉田のゴールをお膳立てと、トップ下で結果を残した。
 
17 長谷部誠 6.5
いずれもゴールにつながった2本の縦パスは評価に値した。勝負どころできっちりと仕事をするところは、ベテランのなせる業だろう。
 
[FW]
9 岡崎慎司 6.5(73分OUT)
見事なトラップから敵DFの股を抜いて、左足で冷静にフィニッシュ。嫌なムードになりかけていた点で、先制弾の価値は高かった。
 
15 金崎夢生 6(81分OUT)
前半から攻守両面でガツガツとプレー。後半は清武のゴールをループパスでアシストしたほか泥臭いゴールもあり、らしさを見せた。
 
交代出場
MF
10 香川真司 5(64分IN)
67分にシュートをだふり、84分には絶好機と思われたヘディングシュートを外した。「結果にこだわる」と言いながら、有言実行ならず。
 
FW
18 ハーフナー・マイク 6(73分IN)
ヘッドで落として、金崎のゴールをお膳立て。ハリルホジッチ政権下でのデビュー戦で、いきなり結果を出した点は見逃せないだろう。
 
FW
14 小林 悠 -(81分IN)
終盤の88分にはドリブルから好機を演出しかけた。裏に走り込む意識もあり、後半のアディショナルタイムには鋭いドリブルも披露。
 
監督
ヴァイッド・ハリルホジッチ 5.5
トップ下を置く4-4-2は、前半に限ればいまひとつの出来。最終的に5-0の大勝も、柏木の起用法には再考の余地ありだ。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。