24日、中国広東省清遠市でこのほど開催されたマラソン大会で、参加者約2万人のうち何らかの手当てを受けた人が延べ1万2208人に上った。資料写真。

写真拡大

2016年3月24日、揚子晩報によると、中国広東省清遠市でこのほど開催されたマラソン大会で、参加者約2万人のうち何らかの手当てを受けた人が延べ1万2208人に上った。

症状の中で最も多かったのがけいれん(9838人)で、ねんざは1723人。この他、虚脱(306人)、擦り傷(194人)、腹痛(107人)などが多くを占めたが、17人が救急車で搬送され、集中治療室で治療を受けた人も3人いた。

清遠マラソン大会は1回目の昨年も全体の6割近い参加者が手当てを受けており、市民の間からは「(この数字を見て)恐怖を感じた」などの感想がもれている。さらに、通常は完走者への記念品としてメダルやタオル、食品などがよく配られるが、同大会はスポーツ飲料やバナナなどと一緒に固形石けんを配布。輸入物の石けんには中国語の説明が付けられていないものもあり、多くランナーがこれを食べ物と勘違いして口に運んだ。大会組織委員会は「石けんで汗を流してほしかった」と釈明しつつも自らのミスを認めている。(翻訳・編集/野谷)