ドラッグスターシリーズは、普通二輪免許で乗れる本格的なクルーザーモデルとして若者にも人気の高いシリーズです。

現在のシリーズはスタンダートと言える「ドラッグスター400」、前後輪の大型フェンダーやクルームメッキパーツなど、よりクラシカルテイストを盛り込んだ「ドラッグスタークラシック400」、そして小型・軽量で女性ライダーも多い「ドラッグスター250」の3機種がラインナップされています。
1
ロー&ロングスタイル、象徴的で扱いやすく適度な鼓動感をも味わえる空冷Vツインエンジンはシリーズ共通のアイデンティ。1996年のドラッグスター400のデビュー以来変わらない魅力を出し続けています。

2016年はドラッグスター生誕20周年の節目の年です。まさに”成人”を迎えたドラッグスター兄弟に特別なカラーリングが用意され3月1日から発売されます。

タンクやフェンダーの美しいホワイトをベースに、タンクにフレアパターンの新グラフィックを採用。通常モデルはスターマークとともに車名のエンブレムが配されていますが、この記念カラーは「DRAG STER」とあるのみ。しかしながらシンプルでUSストリートのイメージが反映されていて飽きがこないデザインになっていますね。

加えてブラックとブラウンのツートーンのシートも車体に上質感を与えています。

価格はドラッグスタークラシック400が82万2960円、ドラッグスター400が78万1920円、ドラッグスター250が59万4000円です。

長く付き合える相棒として、または免許取得後の愛車第1号としてこの記念カラーを手に入れて友達に自慢してみてはいかがですか?

(ライター:阿部 哲也/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


■GoPro HERO4で撮影された2015年ベストムービーがスゴい


■肘擦りはもう古い?!メット擦りをする強者が登場!


■バイクの上でヨガ?!ロシアで話題の動画


■プールの上でバーンナウト!!テンションの上がり方が異常!!


■【危険!!】バイクに10人乗りしてウィーリーしてみた

ドラッグスターシリーズに”ハタチ”の新色追加(http://clicccar.com/2016/03/24/356257/)