18日、「水曜日と木曜日以外、他の日はどうでもいい」。最近この言葉がとても支持されている理由は、韓国ドラマ「太陽の末裔」の更新日がこの両日だからである。

写真拡大

2016年3月18日、「水曜日と木曜日以外、他の日はどうでもいい」。最近この言葉がとても支持されている理由は、韓国ドラマ「太陽の末裔」の更新日がこの両日だからである。このドラマは実際に非常に人気があり、驚くべき視聴率と常識を超えたほどの口コミの良さで、このドラマを観ないことにはそもそも友人との会話の糸口すらない。広州日報が伝えた。

【その他の写真】

◆「太陽の末裔」と比較

中国ドラマの問題は何なのかを考えてみる。まず制作について考察する。ある韓国メディアは「太陽の末裔」全16話の総投資額は約6869万元(約11億9000万円)を明かしたが、制作は一切手抜きをしておらず、一部のシーンにおいては映画と比較しても遜色ない。一方、中国では張り合うように法外な金額を投入して製作した、いわゆる「大作ドラマ」はありきたりで目新しくもないものの、制作費用のうちかなりの割合はスターの出演ギャラに使われている。

次に内容。韓国ドラマには暗黙のルールが存在すると言われている。主人公の男女は普通8話目でキスをする。しかし「太陽の末裔」はテンポ良く、ストーリーは新しく、斬新なアイディアで溢れており、2話だけで全国民にブームを巻き起こした。中国ドラマはどうだろうか?若者の努力の物語やタイムスリップものがやっと消えた思ったら、今度は嫁姑関係、親子をテーマにした作品が一気に現れ始めた。ドラマは模倣がはびこり、ストーリーは「偶然」にもそっくりである。一部のドラマにおいてはスターの出演が最大の見どころになったこともある。

中国ドラマの資金投入は十分な金額である上に優秀な脚本、俳優も数多く、更に技術にも不足はないにもかかわらず、なぜ全体的なレベルは依然として不満があるのだろうか。簡単に言えば、中国ドラマ業界は未だ成熟しておらず、市場は目先の利益を急ぎ、巧妙な手段を用いて手っ取り早く成功を狙っている「姿勢」である。姿勢を正してこそ、磨きをかけることができ、文化的イノベーションができ、より一層素晴らしい作品を生み出すことができる。(提供/人民網日本語版・翻訳/JK・編集/武藤)