トヨタ自動車が3月23日に開幕したニューヨーク国際オートショーで新型「プリウスPHV」(米国名 プリウス プライム)を公開しました。

1(出展 トヨタUSA)

モーターによるEV走行距離を現行モデルの26.4kmから倍増となる60km以上にまで拡大しているのが最大の特徴となっています。

外観では4連タイプの角型LEDヘッドランプを採用。

(出展 トヨタUSA)

フロントバンパー中央にブラックアウト部を大きく配し、両サイドにはLED式DRL(デイタイム・ランニング・ランプ)を設けるなど、積極的に差別化されており、迫力のあるフロントマスクに仕上がっています。

動画を見るにはこちら

プリウスHVとの外観の差別化に伴い、フードパネルやフェンダーパネルが専用品になっている点も見逃せません。

(出展 トヨタUSA)

また、東京モーターショー13に同社が出展した「Premi AQUA」との類似性が見られるのも興味深いところです。

 

一方、リヤ廻りについてもHVモデルと大きく差別化されています。プリウスHVの縦長のテールランプに対して横長意匠を採用することでワイド感を強調。

(出展 トヨタUSA)

2つの膨らみを持たせた波状断面の「ダブルバブルバックドアウインドウ」と称する新形状ガラスにより、空力にも配慮。中央部に凹形状を伴ったテールエンドが斬新です。

また軽量化を目的にトヨタ初となるCFRP製バックドアを採用。

(出展 トヨタUSA)

プリウスHVに比べてリヤオーバーハングが80mm延長されており、全長も4,645mmと+105mm長くなっています。

(出展 トヨタ自動車)

ルーフにはソーラーパネルが設置されており、駐車時は駆動用2次バッテリーの充電、走行時は補機類に電力を供給する構造になっています。

さらにインテリアではインパネ中央にテスラ「モデルS」風のフルHD 11.6インチ大型液晶モニターを装備。

(出展 トヨタUSA)

動力系ではエンジンと動力分割機構の間に新たにワンウェイクラッチを採用することで、従来のハイブリッドシステムでは発電機としてのみ使用していたモーターを、走行用モーターとしても利用する「デュアルモータードライブシステム」を搭載。

2モーターでの走行が可能で、EVモードにおける力強い走りを実現しています。

充電は従来の家庭用電源に加え、充電ステーションでの急速充電にも対応。急速充電時には充電量80%まで約20分での充電が可能となっています。

 (出展 トヨタUSA)

新型プリウス「PHV」の国内発売は今秋を予定しているそうで、既にPHVが主流になりつつある欧州市場に攻勢をかけることになる模様。

気になる価格は300万円台後半と予想され、新型プリウスへの買い替えを検討している方には大いに気になる存在になりそうです。

(Avanti Yasunori)

【関連記事】

米国市場で日本車の人気高し!トヨタは4.1%増の19万台
http://clicccar.com/2016/03/23/361558/

トヨタ・86のマイナーチェンジモデル発表!
http://clicccar.com/2016/03/20/361101/

トヨタ「プリウス」が快走、国内販売で3ヶ月連続首位!
http://clicccar.com/2016/03/17/358706/

トヨタ「C‐HR」にはHV以外に2.0Lモデルが存在する!
http://clicccar.com/2016/03/08/357764/

新型「プリウスPHV」米国デビュー!EV走行距離が60km超に倍増(http://clicccar.com/2016/03/24/362218/)