4月4日に放送となる『酔拳2』 (C) Paragon Films, Ltd.

写真拡大

4月に放送20周年を迎えるテレビ東京の映画放送枠『午後のロードショー』が、4月4日より放送時間が拡大され、スタート時間も変更になることがわかった。4月1日までは毎週月曜〜金曜の午後1時35分〜3時35分だった放送時間が、4日より毎週月曜〜金曜の午後1時50分〜3時55分となる。放送開始時間がこれまでより15分遅くなるほか、放送時間も2時間から2時間5分へと拡大される。

『午後のロードショー』放送20年目突入で新たに『金曜版』をスタート!

『午後のロードショー』は昨年4月に20年目(19周年)となり、月〜木だった放送が月〜金に増えたばかり。引き続き多くの方の支持を集め、時には放送した映画の作品名がSNSのトレンドワードになるほどの好調ぶりが続いていた。

同番組は洋画を中心に、劇場で公開された作品だけではなく、海外のテレビムービー(テレビ放送用に製作された映画)や日本未公開作品も積極的に放送してきた。他番組では見られない個性的なラインナップは根強いファンを獲得している。

また時には、劇場でヒットした作品の地上波初放送や、DVDなどのビデオグラムに収録されていないテレビ放送用の吹き替え音声を放送し、単に作品を楽しむこと以外の面でも評価をされた。

4月には放送20周年を記念し、4〜8 日は『酔拳2』『コラテラル・ダメージ』など視聴者から好まれているアクション作品を。翌週の11日〜15日は『ブラック・スワン』などのヒット作から5作品を選び放送する。さらに4月の木曜日は、この番組ではお馴染みのスティーブン・セガール作品を毎週放送するという。

動画配信サービスの戦国時代到来!(2回目)/コンテンツに3600億円超を投資するNetflix、クリエイターを魅了する方針とは?
Netflix、アマゾン…動画配信サービスの戦国時代到来!(1回目)
15歳未満禁止の『テッド』が再編集されまさかの地上波放送決定!
テレビ局と映画製作の歴史(その1)/映画製作に最も熱心だったのはフジテレビ!