<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 事前情報◇24日◇UMKカントリークラブ(6,482ヤード ・パー72)>
 明日、25日(金)に開幕を迎える国内女子ツアー「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」。ここ2試合で2位タイフィニッシュと波に乗る地元・宮崎出身の柏原明日架が注目を集めているが、もう一人大きな期待を背負ってこの大会に臨むのが同じく宮崎出身の永峰咲希だ。
永峰咲希の特選PHOTOは写真館でチェック!
 ツアーフル参戦の資格を得た昨シーズンではトップ10フィニッシュを8回と安定した成績を残し、シード権を獲得した。今季狙うはもちろんツアー初優勝。開幕2戦目で柏原がプレーオフを戦い、「すごく良い刺激になった。勝ちたいという気持ちを強く持つことができて、本当にいいライバルだなと感謝しています」とジュニア時代からしのぎを削ってきた友人の活躍で勝利への渇望はますます強まった。
 親戚が「30〜40人くらい」応援に来るという、大事な地元大会の直前に永峰はウェッジを変更。ヘッド素材が軟鉄の『TOUR PREFERRED EF WEDGEシリーズ』で一般発売は4月。これまで使っていたものが「ミゾがへたっていたので」と変更を考えていたが、今週のグリーンが硬く、スピンが必須だと考えていた時に新ウェッジが届き、使用することを決めたという。
 今週から使い始めただけあって、まだウェッジはピカピカ。これまでよりも「球が柔らかく上がって、止まるようになった」と好感触を得ている。永峰は昨年試合の中でショートゲームの技術を向上させ、シード権をつかみとった。この新兵器がさらなる進化へつながるか。明日は菊地絵理香、昨年覇者の笠りつ子と同組で1番ティより、10時37分にスタートする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>