24日、ドラマ「宮廷女官 若曦」で共演したニッキー・ウーとリウ・シーシーがこのほど結婚したが、ほかにも共演者が結婚した例がいくつもある。

写真拡大

2016年3月24日、ドラマ「宮廷女官 若曦」で共演したニッキー・ウー(呉奇隆)とリウ・シーシー(劉詩詩)がこのほどバリ島で世紀の結婚式を挙げた。小虎隊のメンバーやドラマの撮影スタッフも会場に集まり、華やかな結婚式となった。その夜、中国の神話時代劇ドラマ「山海経之赤影伝説」が湖南衛星チャンネルで放映を開始したが、このドラマはチャン・ハン(張翰)とグーリーナージャー(古力娜扎)が交際を始めるきっかけになった作品と言われている。人民網が伝えた。

【その他の写真】

芸能界には共演をきっかけに恋愛関係となり、最終的に結婚したカップルが少なくない。ここでは共演をきっかけにカップルとなったスターたちを紹介していこう。

2011年マーク・チャオ(趙又廷)とガオ・ユエンユエン(高圓圓)はチェン・カイコー(陳凱歌)監督の映画「搜索」で共演したことがきっかけで結ばれる。2014年6月5日、2人は北京で入籍し、11月28日に台北で挙式した。

2013年11月13日、ヤン・ミー(楊冪)は微博(ウェイボー)を通じて結婚することを正式に発表し、その後、ハウィック・ラウ(劉●威、●はりっしんべんに豈)もこの記事を転載し、2人が2014年1月8日に結婚式を挙げることを発表。二人は以前テレビドラマ「如意」で共演していた。

チェン・スーチェン(陳思成)とトン・リーヤー([イ冬]麗[女亜])は「北京愛情故事」の共演で結ばれ、2014年1月16日にタヒチで挙式した。

ダン・チャオ(●超、●は登におおざと)とスン・リー(孫儷)はドラマ「幸福は花のように(原題:幸福像花児一様)」の共演がきっかけとなり交際を開始し、ドラマ「甜蜜蜜」で再共演。2010年に結婚した。

ドラマ「春光燦爛 猪八戒」でタオ・ホン(陶虹)は現在の夫であるシュー・チェン(徐[山争])と知り合った。(提供/人民網日本語版・翻訳/TG・編集/武藤)