チョコレート初の機能性表示食品となる「LIBERA」(税抜150円)

写真拡大

江崎グリコは、3月29日(火)よりチョコレートでは日本初となる機能性表示食品「LIBERA(リベラ)」(税抜150円)を発売する。

【写真を見る】脂肪や糖が気になる、でも食べたい人におすすめの欲張りなチョコ

「LIBERA」は、従来のチョコレートのおいしさはそのままに、糖と脂肪の吸収を抑える難消化性デキストリンを配合。チョコレートの原料である砂糖の一部を難消化性デキストリンに置き換え、弱まる甘味をあえて人工甘味料などで補わず、カカオマスやミルクの配合のバランスを取って、すっきりした後味のチョコレートに仕上げた。

機能性表示食品として、商品企画担当の女性社員・佐野さんの「チョコ好きが満足できるおいしいチョコを、罪悪感なく食べたい」という思いから始まった同商品。原料としてはガーナ産カカオにこだわり、カカオの風味がより引き立つようにカカオ豆を低温でじっくりロースト。そこから作られたカカオマスを使用してじっくり練り上げた、健康に配慮したチョコレートとなっている。

チョコ好きな女性が作った、チョコ好きな女性のための欲張りチョコ、ぜひ試してみては。【東京ウォーカー】