乙武さん“5人不倫“に、「ゲスでブラックなのは昔から」と半笑いのファンも
 3月24日の『週刊新潮』で一般女性とのフランス不倫旅行をスクープされた乙武洋匡さん。新潮に掴まれているネタはそれだけなのに、1晩限りの女性が1〜2人、ステディな不倫相手が他に2人と、自らあっさり語っています。言わなくてもいい“5人不倫“の告白は、リスクヘッジ? 半ば自慢か? と思うほど。

 その『週刊新潮』記事には、「乙武氏のイメージは、非の打ちどころのない『いい人』と言えよう」とありますが、「いやそれは違うだろう!」とツッコんだ人も多いのでは?

 なぜなら、Twitterなどで“手足”をネタにした危険なギャグやエロ発言を仕掛ける「ブラック乙武」キャラは、よく知られているからです(『週刊新潮』も知っていながら、あえてホワイトイメージで押したのでしょう)。

 そのせいか、ネット上では「不倫で幻滅した」と怒る声と同時に、「さすがブラック乙武」的な半笑いの反応も多いのです(以下はTwitter上の声)。

============

「『五体不満足で五人大満足』のフレーズは、本人が思いつき敢えて狙って『五人』とした〜説をとる。そういうひとだもの」(水道橋博士のツイート)

「下半身大満足」「ゲスの極み乙武。」「五体不満足で一本満足」

「たぶん本人は今頃『いろんな女にすぐ手を出すと書かれてますが、僕には出す手がありませんよ(笑)』ってツイートしたくてウズウズしてると思う」

「誰や! 乙武さんの足を引っ張るやつは!!」

「なんもイメージ壊れないんだけど」

===============

 乙武さんの“本性”に15年も前から気づいていたのは、プロインタビュアーの吉田豪さん。乙武さん自身も「僕のブラックさ、エロさに気づいてくれた」と喜び、何度もインタビューに応じています。

 その吉田豪さんが、今回の不倫騒動に対して

「乙武君の女好きエピソードもプロ野球OBの賭けゴルフ&賭け麻雀エピソードも、ボクが本とかで相当掘り下げてきたことなのになー」とツイートしたように、“イメージどおり”のスキャンダルでもあったのです。

 たとえば吉田さんは、ラジオ『小嶋慶子キラキラ』(2011年9月22日)で、乙武さんのヤンチャぶりを語っています。

 数年前に、一緒に新宿のゲイバーに行った時のこと。乙武さんはゲイにモテモテで、朝まで騒いで泥酔。車椅子が蛇行運転になって、電信柱にぶつかったりしながら帰ったと。

 その数時間後、乙武さんがTwitterで「妻が陣痛なう」とつぶやいていて、吉田さんも驚いたとか。

 2人目の子供が生まれる日に、ゲイバーで大騒ぎしてても奥さんは怒らなかったそう。今回の不倫報道に対しても、奥さんまで謝罪コメントを出すという寛容さでした。

 最近、参院選出馬が噂されているせいか、言動が品行方正ぎみだった乙武さん。今回の報道で開き直って「ブラック乙武」炸裂を期待するファンも、意外と多いかもしれません。

<TEXT/女子SPA!編集部>