トヨタ、フルモデルチェンジ予定のプリウスPHVをNY国際オートショーに出展

写真拡大

トヨタは、2016年秋から導入を予定している新型プリウスPHV(米国名「プリウス プライム」)を3月23日〜4月3日に開催される2016年ニューヨーク国際オートショーで発表した。

プリウスPHVは2012年1月、電気利用車の早期本格普及を目指し、EVモードとHVモードが切り替わることで電池残量などを気にせず安心して乗ることができる、普及に適した電気利用車として量販を開始。現在までに日本、米国、欧州を中心に、計約7万5千台を販売している。

【ギャラリー】TOYOTA PRIUS PRIME (24枚)


 プリウスPHVは、外観においては4代目プリウスをベースとしながら、より先進的でエモーショナルな造形を目指し、フロント、リヤにオリジナルデザインを採用。トヨタ初となるCFRP製バックドアによって、軽量化とガラスエリア拡大による良好な後方視認性を実現、新形状ガラス「ダブルバブルバックドアウインドウ」を採用し、個性ある造形とした。

また、プラグインハイブリッドシステムは、電池容量を拡大、EV走行距離を60km以上に延長。さらに、従来の走行用モーターに加え、これまで発電機としてのみ使用していたモーターを走行用としても利用する、デュアルモータードライブシステムを採用することで、EVモード走行時の一層力強い走りを実現している。

装備においては、世界初のガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコンや、11.6インチ大型ディスプレイを備えたナビゲーションシステムを採用し、運転中の快適性や利便性を追求。

プラグインハイブリッド独自の充電システムは、従来の家庭用電源からの充電に加え、充電ステーションでの急速充電にも対応(日本仕様のみ)。さらに、ソーラーパネルで発電した電気を駆動用バッテリーに充電する、世界初のソーラー充電システムを備え、より利便性を高めている(日本、欧州仕様のみ)

■米国仕様 主要諸元(社内測定値) 全長(mm) / 全幅(mm) / 全高(mm)  4,645 / 1,760 / 1,470 ホイールベース(mm)  2,700 室内長(mm) / 室内幅(mm) / 室内高(mm)  2,110 / 1,490 / 1,195エンジン 種類  直4DOHC総排気量(cc)  1,797最高出力(kW[PS]/rpm)  72[98] / 5,200最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)  142[14.5] / 3,600モーター最高出力(kW[PS])  53[72]/23[31]最大トルク(N・m[kgf・m])  163[16.6]/40[4.1] バッテリー  リチウムイオン


■トヨタ自動車 公式サイト