オバマ大統領「私の娘がメッシに会いたがっているが…」

写真拡大

▽アメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領が、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて言及した。スペイン『アス』など複数メディアが伝えた。

▽キューバ訪問に続いて現在アルゼンチンを訪問中のオバマ大統領は、ブエノスアイレス到着後のスピーチで、自身の娘たちがメッシに会いたがっていると冗談交じりに語ったようだ。

「私の娘たちは(アルゼンチン人のローマ法王)フランシスコ法王には会ったんだ。今は、メッシに会いたいようだね。でも、私はそれをセッティングすることができていないんだ」

▽また、オバマ大統領は、NBAのサンアントニオ・スパーズに所属するアルゼンチン人のマヌ・ジノビリが好きなスポーツ選手であると語った。

「ジノビリは、偉大な人物だけでなく、世界最高の選手の1人だと思います。アルゼンチンの誇りでしょう。偉大な王者です」

▽なお、メッシのアルゼンチン代表は25日に行われるロシア・ワールドカップ南米予選で、アウェイでのチリ代表戦を控えている。オバマ大統領としては、タイミングが合わなかったようだ。