資料写真

写真拡大

(台北 24日 中央社)ベトナム・ハノイで24日夜に行われる「2018FIFAワールドカップ・アジア2次予選」台湾対ベトナム戦に関する現地の広告や宣伝などで、台湾が「中華台北」ではなく、「中国台北」と表記されていることが分かった。外交部は23日、駐台北ベトナム経済文化弁事処(大使館に相当)に対して訂正を求めた。

駐ベトナム代表処もベトナムサッカー協会に抗議。同国の外務省などに正式名称への変更を求め、広告などの作り直しや差し替えができない場合は、問題の部分を削除するよう呼びかけている。

(戴雅真/編集:齊藤啓介)