23日、中国で壁のレンガの隙間に入れていた紙幣9200元(約15万8000円)がネズミにかじられるという事案が発生した。

写真拡大

2016年3月23日、中国で壁のレンガの隙間に入れていた紙幣9200元(約15万8000円)がネズミにかじられるという事案が発生した。華西都市報が伝えた。

四川省眉山市の李(リー)さんが18日、レンガの隙間に入れていた紙幣を取り出したところ、ネズミにかじられて粉々になっていることに気付いた。

銀行職員が5時間かけて59枚を貼り付け、規定に従い3750元(約6万4000円)を李さんに渡した。(翻訳・編集/柳川)