"もしも"の時に役立つホイッスル付きの歩数計

写真拡大

体重計など計測器メーカーのタニタ(東京都板橋区)は、歩数計「歩イッスル(ホイッスル) FB-738」を2016年4月1日に発売する。日ごろ持ち歩くシンプルな機能の歩数計に、災害時の避難や救出、脱出に役立つ防災用緊急笛を搭載。

緊急時に子供や女性、高齢者の弱い息でも、住宅用火災警報器より大きい100デシベル以上の音を出し、携帯者の位置を知らせることが可能。高さの違う2種類の音を同時に発生させ、雑音の中でも周囲に聞こえやすいよう配慮する。笛部分は電気式ではないため電池切れや故障の心配がない。長さを調節できるネックストラップが付属し、首から下げて使用すれば、いざというときにすぐ笛を吹いて助けを呼べるという。

着ける場所を選ばない3D(3軸加速度)センサーを搭載。歩数は最大9万9999歩までカウント可能で、リセットは「クリアボタン」を約3秒長押しするだけの簡単操作だ。

カラーはイエロー、ブラックの2色。

直販サイト「タニタオンラインショップ」での価格は3240円(税込)。